【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラ(高速度カメラ)を扱う会社一覧 > SPICE(スパイス)

SPICE(スパイス)

このページではOptiTrackの日本総代理店である「SPICE(スパイス)」の特徴や事例について紹介しています。

SPICE(スパイス)のハイスピードカメラ

Prime Color

SPICE Prime color画像
引用元:SPICE公式HP(https://mocap.jp/optitrack/camera/prime_color/)

グレースケールだけしか見ることができなかったモーションキャプチャの画像に色彩が加わり、Prime Colorならではの画像や色補正の高さによってリファレンス映像を収録できます。カメラの中でデータを処理できるので、リアルタイムにベストな画像を提供できるのも特徴的です。最大で8台まで同期することも可能で、色々な角度から被写体を撮影すれば、精密な分析やクリエイティブな分野にも活かせるでしょう。

撮影速度(fps) 500FPS
シャッター速度 最小10 μs (0.01 ms)
250FPS:3800 μs (3.8 ms)
360FPS:2430 μs (2.4 ms)
500FPS:1800 μs (1.8 ms)
解像度 250FPS:最大1920×1080
360FPS:最大1280×720
500FPS:最大960×540
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記録なし
重量 350g~330g
メモリ 記載なし

参考:SPICE公式HP(https://mocap.jp/optitrack/camera/prime_color/)

PrimeX41

SPICE PrimeX41画像
引用元:SPICE公式HP(https://mocap.jp/optitrack/camera/)

スパイスが提供しているハイスピードカメラ「Prime Series」の中で、最も高精度で広範囲をキャプチャできるモデルです。自社で開発した低歪みレンズや10ビットグレースケール深度を搭載しており、量子化ノイズを抑えることで精度がより向上しています。そのため鮮明で美しい画像を撮影することができ、三次元制度や重心精度を高めることができるでしょう。

さらにデザイン性も優れており、エレガントなデザインも魅力的。セットアップからキャプチャ、解体まで一連の動作を考え抜いて設計されているため、使いやすさが抜群で、スマートにカメラを使いこなすことができるでしょう。

撮影速度(fps) 180 FPS
シャッター速度 記載なし
解像度 410万画素
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記録なし
重量 1.36Kg
メモリ 記載なし

参考:SPICE公式HP(https://mocap.jp/optitrack/camera/primex41/)

Flex 13

SPICE Flex13画像
引用元:SPICE公式HP(https://mocap.jp/optitrack/camera/)

非常にコンパクトで、187gという軽量のため気軽に持ち運びができ、どこでも使用できるという特徴があるカメラです。全身のキャプチャだけでなく、小さなキャプチャなど簡単にセットアップできるのも使いやすい特徴の一つ。カメラ自体は小さいですが、最速120FPSなので早い動きにも対応できるなど、コストパフォーマンスに優れた1台と言えるでしょう。

撮影速度(fps) 30-120 FPS (※調整可能)
シャッター速度 初期設定:500 µs(1/50,000秒)
最小:20 µs
最大:7.5 ms (at 120 FPS)
解像度 130万画素
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記録なし
重量 187g
メモリ 記載なし

参考:SPICE公式HP(https://mocap.jp/optitrack/camera/flex13/)

SPICEは多種多様な目的や環境に対応できるように、特徴を持ったハイスピードカメラを複数ラインナップしています。解像度410万画素と言った画質の美しいモデルから、リーズナブルでお求めしやすいモデルまで幅広い種類があるので、自分たちのニーズに合わせてカメラを選ぶことができるでしょう。

以下のページでは業界別にどの程度の性能が必要になるのかを分かりやすく解説しており、製造・研究・特殊撮影の3つのシーンにオススメの会社をピックアップして紹介しています。ハイスピードカメラについて悩まれている方は、要チェックです。

SPICE(スパイス)のハイスピードカメラの活用事例

SPICE(スパイス)のハイスピードカメラの活用事例は見つかりませんでした。

SPICE(スパイス)の特徴

幅広いニーズに応えたカメラをラインナップ

SPICEの魅力は、カメラのラインナップの豊富さでしょう。使用する環境や目的などはケースによってバラバラのため、高性能なハイスピードカメラだけでなく、リーズナブルなカメラを求めるケースもあるでしょう。SPICEでは様々な要望にも柔軟に対応できるように、Prime Series・Flex Series・Slim Seriesなどを取り扱っています。そのためニーズに合ったカメラを選択することができるでしょう。

SPICE(スパイス)の会社情報

所在地 東京都港区赤坂2-14-5 Daiwa赤坂ビル7F
営業時間 要問合せ
電話番号 03-5549-6130
公式サイトURL https://mocap.jp/
THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。