【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全
『EURECAMERA〜ユリイカメラ』

スペックで比較しなくても

ハイスピードカメラの
"ちょうどいい"は見つかる

ハイスピードカメラを選ぶ上で、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にするのがおすすめです。
当サイトでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社をシーン別に紹介します。

THREE SELECTION

活用事例から見る!
シーン別
ハイスピードカメラ3選

活用事例数の内訳を参考に、ハイスピードカメラの使用シーンを3つに分類しました。自社の状況に沿った製品を選びましょう。

製造現場で活用するなら

シナノケンシ

シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
http://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン

フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究開発用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い(3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック

ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※【選定基準】Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。
DETAILED INFORMATION

活用事例からニーズ分けした
ハイスピードカメラを扱う会社3選

いくらスペックを満たしていても、信頼できる会社の製品でなければ選ぶのは憚られます。以下では、信頼性の基準として、製造現場・研究開発でのハイスピードカメラの活用事例を多く掲載している3社をピックアップし、ニーズ別に詳しく紹介します。

製造現場で活用するなら

シナノケンシ

Case Study

シナノケンシの活用事例数 48件

製造現場
40件
研究開発
8件
特殊状況
0件
Case Study

シナノケンシのハイスピードカメラの活用事例

※引用元:シナノケンシ公式YouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=Xp5tHO3bXzc&t=19s)

切削状況を可視化し、
正確な条件出しや効率化を推進

金属切削工程をハイスピードカメラとデータロガーで記録。
切粉の排出状況や被削材の状態だけでなく、加速度センサ信号と力センサによって異常振動と切削抵抗まで可視化しています
高速度画像によってチップブレーカー等の効果も確認可能。切削条件を変化させて記録を取り、ノウハウを可視化することで、品質向上や効率化が期待できます。

※引用元:シナノケンシ公式YouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=9-TiaibrpYE)

映像と波形データの同期記録で、
溶接品質を向上させる

アーク溶接の工程を2000fps、シャッタースピード:1/100000で撮影したハイスピードカメラ映像と、溶接電流の波形データを同期させています。
高速度撮影画像によって溶融池の動きやスパッタの飛散状況が確認でき、同期取得した溶接電流値をリンクさせて解析すれば、電流値の変化に伴う溶接状態の変化を可視化することが可能。
条件を変化させて状態を解析、データを蓄積することで溶接品質の向上に繋がります。

Specification

シナノケンシの
ハイスピードカメラ

プレクスロガー(PLEXLOGGER)PL3
プレクスロガー(PLEXLOGGER)PL3

引用元:シナノケンシ公式HPhttp://plextor.jp/plexlogger/products/shiyo_pl3.php

撮影速度 100,000fps(最大)
シャッター速度 1/100,000秒
解像度 1,280×1,024px
記録時間 250fps、VGA設定時 通常記録:約150秒、長時間記録:約1時間17分
感度(ISO) 記載なし
重量 490g(カメラヘッド)/1.9kg(本体ユニット)
メモリ 16GB
プレクスロガー(PLEXLOGGER)PL2
プレクスロガー(PLEXLOGGER)PL2

引用元:シナノケンシ公式HPhttp://plextor.jp/plexlogger/products/shiyo_pl2.php

撮影速度 100,000fps(最大)
シャッター速度 1/100,000秒
解像度 1,280×1,024px
記録時間 250fps、VGA設定時:約80秒
感度(ISO) 記載なし
重量 490g(カメラヘッド)/1.8kg(本体ユニット)
メモリ 8GB
性能項目の説明を見る
  • 撮影速度(fps):「frames per second」の略で、1秒間の動画で見せる静止画の枚数(コマ数)のこと。別名フレームレートとも呼ばれる。
  • シャッター速度:シャッターが開いている時間のこと。シャッター速度が速いほど動いている被写体をブラさず撮影することができる。
  • 解像度:画像を表す「画素」を、どれくらいの密度で並べたかを表したもの。数字が高いほど密度が細かく精細に撮影が可能。
  • 感度(ISO):レンズから入ってきた光を、カメラ内でどのくらい増幅させるかの指標のこと。感度が上がるほど、暗い場所でも被写体をブラさず撮影することができる。
  • メモリ:撮影した画像や映像を保存できる容量を表したもの。
Feature

シナノケンシの
ハイスピードカメラの特徴

持ち運びと設置が簡単で、
製造現場での用途を幅広くカバーする性能

シナノケンシは、カメラとデータロガー・モニタが1つにまとまったオールインワンのハイスピードカメラを提供します。本体重量は2kgほどのため、持ち運びや設置が簡単に行えるのもポイント。
また、 高速映像と波形データを同期記録し、その場で再生・解析が行えるので、評価・検証・不具合解析などの作業効率の向上に繋がります。 最大100,000fps(コマ/秒)での高速撮影が可能で、製造現場での用途を幅広くカバーできるスペックを持ちます。

解析ソフトウェアが標準装備のため、
コストを抑えられる

シナノケンシのハイスピードカメラは、非接触動体測定・周波数解析・動画レポート作成・電圧レベル測定・時間測定など、幅広い機能が備わった解析ソフトウェアが標準装備されています。
オプションとして新たにソフトを追加する必要がないため、コスト削減を実現するだけでなく、 現象の原因究明と解析結果レポート・エビデンス作成まで1台で完結できるので、作業がコンパクトに収まります。

Information

シナノケンシの会社情報

所在地 長野県上田市上丸子1078
営業時間 記載なし
電話番号 0268-41-1840
公式サイトURL https://jp.aspina-group.com/ja/

研究開発での用途が多いなら

フォトロン

Case Study

フォトロンの活用事例数
37件

製造現場
8件
研究開発
29件
特殊状況
0件
Case Study

フォトロンのハイスピードカメラの活用事例

※引用元:フォトロン公式YouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=mRNpT4aqfGM&t=16s)

流体を解析撮影し、
速度や渦度を可視化

流体の様子は目視で観察できないことが多いので、速度や渦度などを視覚的に表すために可視化が行われます。本映像では、液体中に置かれた円柱から生成されるカルマン渦を可視化して、2次元PIV(粒子画像流速測定法)で計測しています。ベクトル(矢印)は流れの方向と大きさで速度を表しています。カラー分布は渦度を表しており、回転方向で色が異なります。

※引用元:フォトロン公式YouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=HHuDUKGS99I&t=25s)

タイミング信号も取得できる
エンジン燃焼の撮影

この映像では、予混合火炎(ブルーフレーム)を20,000fpsで撮影しました。
エンジンの燃焼状態を撮影する際、同社の製品ではクランク角信号に同期した撮影が可能。感度が高いため、燃焼室内を観察する場合に明るく鮮明な画像を取得できるだけでなく、カメラと波形測定器を同期させることで筒内圧信号やタイミング信号といった波形データを取得し、1つの動画データとしてまとめることも可能です。

Specification

フォトロンの
ハイスピードカメラ

FASTCAM SA-Z
FASTCAM SA-Z

引用元:フォトロン公式HPhttps://www.photron.co.jp/products/hsvcam/fastcam/sa-z/

撮影速度 21,000fps@1,024×1,000px/最大2,100,000fps
シャッター速度 159ns
解像度 1,024×1,000px
記録時間 記載なし
感度(ISO) 50,000(モノクロ)/20,000(カラー)
重量 10.4kg
メモリ 8GB/16GB/32GB/64GB/128GB
FASTCAM Nova S
FASTCAM Nova S

引用元:フォトロン公式HPhttps://www.photron.co.jp/products/hsvcam/fastcam/nova/

撮影速度 16,000fps@1,024×1,024px/最大1,100,000fps
シャッター速度 0.2s
解像度 1,024×1,024px
記録時間 5.46秒@16,000fps・1,024×1,024px(S16・128GB)
感度(ISO) 64,000(モノクロ)/16,000(カラー)
重量 3.3kg
メモリ 16GB/32GB/64GB/128GB
性能項目の説明を見る
  • 撮影速度(fps):「frames per second」の略で、1秒間の動画で見せる静止画の枚数(コマ数)のこと。別名フレームレートとも呼ばれる。
  • シャッター速度:シャッターが開いている時間のこと。シャッター速度が速いほど動いている被写体をブラさず撮影することができる。
  • 解像度:画像を表す「画素」を、どれくらいの密度で並べたかを表したもの。数字が高いほど密度が細かく精細に撮影が可能。
  • 感度(ISO):レンズから入ってきた光を、カメラ内でどのくらい増幅させるかの指標のこと。感度が上がるほど、暗い場所でも被写体をブラさず撮影することができる。
  • メモリ:撮影した画像や映像を保存できる容量を表したもの。
Feature

フォトロンの
ハイスピードカメラの特徴

一体型から分離型まで
豊富なバリエーションを展開

フォトロンのハイスピードカメラFASTCAMシリーズには、小型軽量の密閉筐体に収まった一体型モデルや、メインユニット1台に最大12機のカメラヘッドが接続可能で3D撮影に対応するマルチヘッドタイプ、またストリーミング用のハイスピードカメラなどバラエティに富んだラインナップがあります。
選択肢が多く、研究開発をメインとしながらも、目的に応じたカメラを見つけやすいという利点があるでしょう。

偏光・赤外線など
さまざまな撮影ニーズに対応

「画像にこだわる」メーカーとして、フォトロンはカメラのスペックにもこだわっています。
最大撮影速度1,100,000fpsのカメラは流体や燃焼などの分析にも対応しており、ISO感度が高いので溶接や微小体観察でも暗部まで鮮明に撮影することが可能です。
また、偏光に感度を持つハイスピードカメラや、赤外線撮影にも対応したハイスピードカメラもラインナップされており、様々な場面で高精細な映像を取得できることが分かります。

Information

フォトロンの会社情報

所在地 東京都千代田区神田神保町一丁目105番地 神保町三井ビルディング21階
営業時間 9:00~18:00
電話番号 03-3518-6290
公式サイトのURL https://www.photron.co.jp

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック

Case Study

ノビテックの活用事例数
47件

製造現場
12件
研究開発
28件
特殊状況
7件
Case Study

ノビテックのハイスピードカメラの活用事例

衝撃波とそのダメージを可視化

人の筋肉に近い弾性を持たせた「弾道ゼラチン」に銃弾を撃ち込むことで、被弾した人体のダメージを調べる実験です。9,0000pfs@1,280×704pxで撮影されました。命中した弾丸が通過した後、弾丸のエネルギーでゼラチン内部に爆発が起こり、衝撃波で周辺組織に大きなダメージを及ぼす様子が観測できます。

※引用元:ノビテック公式YouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=Ahk9TX7yaaU)

水中爆発を観察

水中爆発の様子を、100,000fps(@256×320px)で撮影しました。水中にジェットが発生し、爆発のエネルギーが膨張と収縮を繰り返しながら減衰していく様子が見て取れます。シャープに撮影できているため、爆発によるふくらみや進展も分かりやすくなっています。

Specification

ノビテックの
ハイスピードカメラ

Phantom TMX-7510
撮影速度 76,000fps@1,280×800px/最大1,750,000fps
シャッター速度 95ns
解像度 1,280×800px
記録時間 記載なし
感度(ISO) 125,000(モノクロ)/16,000(カラー)
重量 9.1kg
メモリ 128GB/256GB/512GB
超高速度ビデオカメラ Kirana(キラナ)
撮影速度 最大5,000,000コマ
シャッター速度 100ns
解像度 924x768px
記録時間 2秒@1,000fps
感度(ISO) 記載なし
重量 10.5kg
メモリ 記載なし
性能項目の説明を見る
  • 撮影速度(fps):「frames per second」の略で、1秒間の動画で見せる静止画の枚数(コマ数)のこと。別名フレームレートとも呼ばれる。
  • シャッター速度:シャッターが開いている時間のこと。シャッター速度が速いほど動いている被写体をブラさず撮影することができる。
  • 解像度:画像を表す「画素」を、どれくらいの密度で並べたかを表したもの。数字が高いほど密度が細かく精細に撮影が可能。
  • 感度(ISO):レンズから入ってきた光を、カメラ内でどのくらい増幅させるかの指標のこと。感度が上がるほど、暗い場所でも被写体をブラさず撮影することができる。
  • メモリ:撮影した画像や映像を保存できる容量を表したもの。
Feature

ノビテックの
ハイスピードカメラの特徴

高機能な海外メーカー製
ハイスピードカメラを提供

高速度現象の可視化・計測に特化した技術商社であるノビテックでは、高度化する顧客のニーズに応えるべく、米国VISION RESEARCH社や英国SPECIALIZED IMAGING社などといった 高機能な海外メーカー製のハイスピードカメラを輸入し、販売を手掛けています。
研究開発機関、製造業、航空宇宙防衛分野、医療分野、メカトロニクス、バイオニクス、TV・CMなどのエンターテイメントなど、その活用分野は多岐にわたります。

新技術とハイスペックに
こだわった製品を扱う

画像計測・解析に強みを持つノビテックは、その技術力をハイスピードカメラにも取り入れています。
同社が扱う米国Vision Research社製のフラッグシップ機「Phantom TMX-7510/6410/5010」は、 フォトダイオードへの入射光を妨げる従来のセンサーの回路部分を、センサーの背面に配置した「裏面照射型センサー」を取り入れています。
効率的に光を集められるだけでなく、回路をセンサーの背面に移動することで、多くの光が各ピクセルに到達でき、 小画素ピッチながら高感度と量子効率向上に成功しました。

Information

ノビテックの会社情報

所在地 東京都渋谷区恵比寿1-18-18 東急不動産恵比寿ビル7F
営業時間 9:00~18:00
電話番号 03-3443-2633
公式サイトのURL https://www.nobby-tech.co.jp
PUBLIC RELATIONS

ハイスピードカメラを導入して現場の効率化や生産性向上に繫げたいけれど、「具体的にどんな課題を解決できるのか分からない」「導入する上で気を付けるべきことを知りたい」といった方に向けて、ハイスピードカメラの基礎を解説したオンラインセミナーの模様をお届けします。

COLUMN

ハイスピードカメラの撮影速度には秒間数百コマから1億コマ超と大きな開きがあるため、目的に応じて性能と機能を絞ることが大切になります。スポーツやエンタテインメント映像の制作であれば、撮影速度を追求するよりもフリッカー低減などの付加機能をチェックすると良いでしょう。スポーツ現場や映像制作におすすめのハイスピードカメラを扱う会社をまとめました。

ハイスピードカメラのスペックには、一般的なカメラと共通した項目もあれば、ハイスピードカメラならではの項目もあります。そこで、ハイスピードカメラを選ぶ際に押さえておきたい用語をまとめました。関連用語を知っておくことで、スペックの比較検討がしやすくなり、目的にぴったり合った製品選びが容易になります。

カメラ関連の技術は近年大きな進歩を遂げており、ハイスピードカメラの機能も、活用分野も大きな広がりを見せています。また、製造ラインの高速化に伴い、ハイスピードカメラは製造業にとってこれまで以上に重要なツールになっています。ハイスピードカメラに関連したニュース、業界の動きなどをまとめました。

実際にどのような業界や場面、目的でハイスピードカメラを活用できるか理解しておかなければ、適正なハイスピードカメラ導入プランを考えることもできません。そこで、ハイスピードカメラの導入事例・活用事例について様々なケースをまとめました。現状の問題の確認や原因究明、新製品開発のためのデータ収集など、幅広い目的や用途で活用されているハイスピードカメラの有用性を確認して、自社の導入メリットを検討してください。

preparation

ハイスピードカメラの基礎知識

用途に応じたハイスピードカメラの種類や高速度撮影ができる仕組み、価格帯など、ハイスピードカメラの知っておきたい基礎情報をまとめています。導入を検討している方は参考にしてみてください。

ハイスピードカメラの種類

一言にハイスピードカメラといっても、実は目的別にいくつかの種類に分かれています。目的が違えば求められる性能や機能・価格にも違いが生じるため、自社に必要なのはどんな種類のハイスピードカメラかを理解しておくことが大切になります。ハイスピードカメラの種類についてわかりやすくまとめました。

ハイスピードカメラの仕組み

高速で運動する物体を撮影し、スーパースローで見ることを可能にするハイスピードカメラ。高速度撮影はどのように行われているのかをご説明します。ハイスピードカメラの仕組みが分かれば、そこに搭載されたテクノロジーへの理解が深まり、具体的な活用方法もイメージしやすくなるでしょう。

ハイスピードカメラの価格帯

ハイスピードカメラは撮影速度やセンサー感度が高くなればなるほど、また付加される機能が多ければ多いほど、価格も高額になります。性能別にハイスピードカメラの価格帯をまとめました。

【FPS別】ハイスピードカメラで撮影できるものの違い

ハイスピードカメラの撮影速度は、速ければ速いほど良いというものではなく、撮影する対象物や事象ごとに適切な速度があります。どんな事象を撮影したいのか、そのためにはどの程度の撮影速度が必要なのかを確認しておきましょう。ハイスピードカメラで撮影できるものの例を、FPS(frames per second)別にご紹介します。

ハイスピードカメラを導入したら何ができる?

せっかく高価で高機能なハイスピードカメラを導入しても、活用できなければ無駄な設備投資になってしまいます。大切なのは、ハイスピードカメラを導入してどんな改善を行いたいか、具体的にイメージすることです。ハイスピードカメラを導入すると何が可能になり、どんなトラブルの解消に繋がるのか、具体例を挙げて説明します。

知っておきたい「ものづくり補助金」について

ハイスピードカメラの導入を検討する際には、中小企業や小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を目的とした設備投資等を支援する「ものづくり補助金」について知っておきたいもの。「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」、通称「ものづくり補助金」についてご説明します。

ハイスピードカメラはカラーとモノクロモデルのどちらが良い?

ハイスピードカメラには、カラーとモノクロがあります。ハイスピードカメラの場合には、すべてのメーカーがそうではありませんが、多くがモノクロ機種で、90%程度を占めているメーカーもあるほどです。なぜかといえば、カラーを表現するためには、モノクロの4分の1の解像度になってしまうのです。モアレも多く発生し、鮮明さも失われることがあります。このようなことから、多くのユーザーがモノクロのハイスピードカメラを選択しているのです。

ハイスピードカメラの選び方

まず、ハイスピードカメラを選ぶときには、何に使用するか、目的を明確にするべきです。例えば、製造の現場で使用する、研究用途で使用するなどです。その上で、1秒間に何コマで構成されるか、というフレームレート(FPS)はもちろん大切ですが、それ以外にも、『コマ数(スピード)』、『解像度』、『モノクロかカラー』などの情報があるとカメラの性能を判断しやすくなります。それぞれの情報について、どのようなものかを解説しています。

ハイスピードカメラのレンタル

ハイスピードカメラを導入する場合、自社で製品を購入するだけでなく、レンタルやリースとして一時的に製品を導入することも可能です。ハイスピードカメラのレンタルは初期コストを抑えたり、メンテナンスの手間を省いたりできる反面、レンタルならではのデメリットや注意点もあります。そのため、実際に購入とレンタルのどちらかを考える際は、必ず自社のニーズやハイスピードカメラ導入目的を明確化した上で比較検討してください。

中古ハイスピードカメラについて

ハイスピードカメラの新品は高額なため、中古品を選ぶのもアリでしょう。中古品と言っても状態の良いものから、状態が悪いものまで様々です。中古品を購入する際は状態をしっかりチェックし、機能・性能が合っているか見極めることが大切になってきます。また購入してスグに故障してしまう可能性もあるため、保証があるかも併せて確認しておきましょう。もし販売サイトやオークションで購入する場合は実物も見られないため、販売元の口コミ・実績などもチェックしてください。

赤外線ハイスピードカメラ

赤外線ハイスピードカメラとは、物体から放射されている赤外線をセンサーで検知し、通常は目視できない物体の温度変化や熱量を可視化して高速撮影するためのシステムです。赤外線ハイスピードカメラを利用することで目に見えない物質の状況変化を確認したり、精密な温度変化が重要になる作業の条件の検討に役立てたりすることが可能となります。赤外線ハイスピードカメラの特徴や活用事例などをまとめていますのでご確認ください。

LIST

ハイスピードカメラを扱う会社一覧

ハイスピードカメラを扱っている会社を28社ピックアップしました。導入を検討している方は参考にしてみてください。

IDTジャパン

IDT社(Integrated Design Tools, Inc.)は、米国フロリダに本拠を置くメーカーで、ハイスピードカメラやPIV用ソフトウェアの開発を手掛けています。同社の代表的な製品であるXSMカメラはストリーミングハイスピードカメラで、リアルタイムで高速画像を取得できるモデルです。またオプションのタイムカプセルは8TBのSSDを搭載しており、長時間の記録を行いながらライブとスローモーションの同時再生が可能です。

IDTジャパンのハイスピードカメラ

  • XSMシリーズ

200gほどのコンパクトサイズなので、持ち運びも楽なため屋外での撮影もしやすい肺スピードカメラです。8TBという大容量SSDも搭載しているため、長時間の記録もできるため幅広いシーンで活躍できる一台でしょう。解像度5Kのモデルもあるため、質の高い映像を撮影したい方の要望にも応えてくれます。さらに最大5350fpsの撮影速度に対応しつつ、ストリーミングを行うことも可能。

撮影速度(fps) 5350fps(超高速モデル)
シャッター速度 最短1μ秒
解像度 5K(超高解像度モデル)
記録時間 8TBのSSDを搭載。長時間の記録が可能。
感度(ISO) 記載なし
重量 200g
メモリ 8TB(SSD)

IDTジャパンの基本情報

所在地 東京都江東区新大橋1-8-11 大樹生命新大橋ビル4F(旧 三井生命新大橋ビル)
営業時間 9:00~18:00(電話受付時間)
電話番号 03-6659-2681
公式サイトURL http://www.idt-japan.co.jp/index.html

アーカイブティップス

アーカイブティップスは、モーションキャプチャーや筋電センサー、骨格モデル解析ソフトなどの輸入販売とコンサルティングを行う技術商社です。同社が扱うOqus 210cは、他のOqusモーションキャプチャーカメラと同期してデータの計測が行え、計測中の動画をカラーで出力することができるハイスピードカメラです。

アーカイブティップスのハイスピードカメラ

  • Miqus

パソコンを活用すれば、最大で16台を同期させることができるハイスピードカメラです。そのため多角的な同時撮影を実現でき、ビデオ画面にオーバーレイ表示させることができるなど使い勝手が良いモデルでしょう。用いたいfpsに応じてフルハイビジョンからVGA、カラーやモノクロ撮影なども自由に選ぶことができ、撮影対象で使い分けることが可能です。

撮影速度(fps) 85fps(FullHD/200万画素)
180fps(HD100万画素)
330fps(50万画素)
550fps(VGA/30万画素)
シャッター速度 記載なし
解像度 FullHD/200万画素
HD100万画素、
50万画素、
VGA/30万画素
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 700g
メモリ 記載なし

アーカイブティップスの基本情報

所在地 東京都千代田区内神田3-24-3 VORT内神田ビル4F
営業時間 記載なし
電話番号 03-5577-2268
公式サイトURL https://archivetips.com/

浅沼商会

浅沼商会は米国FASTEC IMAGING社の日本代理店です。FASTEC社のTS5シリーズは、スポーツや製造現場での撮影に適したハンディタイプのデジタルハイスピードカメラ。小型軽量の機動性を活かすために、ライト・レンズなど必要機材が専用バックに収められたオールインワンモデルで、フルハイビジョン1,920×1,080pxで634fpsの撮影が可能です。

浅沼商会のハイスピードカメラ

  • Fastec TS5

アメリカのFATEC IMAGING社が開発したハイスピードカメラで、コマーシャル製作・スポーツ・生産ラインなど幅広い分野で活用できる高性能なタイプです。643fpsというハイスピードフレームレートで撮影もでき、2560×2048という高解像度の撮影にも対応しています。より多くのシーンで活躍できるカメラと言えるでしょう。

撮影速度(fps) 634fps(FullHD1920×1080)
シャッター速度 記載なし
解像度 QSXGA(2560×2048)/TS5-Q 、 FHD(1920×1080)/TS5-H、SXGA (1280×1024)/TS5-S、SVGA(800×600)/TS5-L
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 記載なし
メモリ 256GB内蔵SSD~

浅沼商会の基本情報

所在地 東京都中央区日本橋小舟町7番2号 ヤクシビル2階
営業時間 記載なし
電話番号 03-6627-6700(代表)
公式サイトURL https://www.asanumashoukai.co.jp/

アド・サイエンス

マシンビジョンカメラとFA関連製品を扱う技術商社のアド・サイエンスは、ドイツ・AOS Technologies社の製品を扱っています。AOS Technologies社のハイスピードカメラは高い耐衝撃性能を持ち、研究開発などで要求される厳しい性能を満たしていながらも、コンパクトでポータビリティにも優れています。

アド・サイエンスのハイスピードカメラ

  • 高耐衝撃性能ハイスピードカメラ

その名称の通り、高い衝撃性が最大の魅力のハイスピードカメラです。軽量かつコンパクトなタイプなので非常に持ち運びがしやすく、研究開発などの激しいアプリケーションにも対応できるカメラでしょう。内部メモリによる録画も可能なので、長時間の屋外撮影にも対応可能。よりタフなシーンの撮影をしたいという方にピッタリな一台と言えます。

撮影速度(fps) 2500fps、1000fps、4000fps、570fps
シャッター速度 記載なし
解像度 200万画素、400万画素、100万画素
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 記載なし
メモリ 4GB~16GB、1,3GB~10.4GB

アド・サイエンスの基本情報

所在地 千葉県船橋市本町2-2-7 船橋本町プラザビル4F
営業時間 記載なし
電話番号 047-434-2090
公式サイトURL https://ads-img.co.jp/mv/

アムテックス

アムテックスはRF、マイクロ波、ミリ波、THz製品やGPS・GNSS製品、ジャイロセンサ等を専門とする技術商社で、赤外線ハイスピードカメラを扱っています。同社が扱うVELOX 2949k Mは、3.6μmから4.9μmまでのMWIRスペクトル範囲の感度を備えた高精細カメラで、高速熱プロセスの解析に適しています。

アムテックスのハイスピードカメラ

  • VELOX 2949k M

赤外線高速度カメラであり、高速の温度測定・接着・異物検査などの分野で活躍できるでしょう。100Hzのフルフレームレートのサツエにも対応可能です。3.6μm~4.9μmというMWIRスペクトル範囲の感度になっているため、高精度な撮影も行うことができます。とくに高い精度を求められるシーンで非常に役立つハイスピードカメラでしょう。

撮影速度(fps) Fullframe rate 100 Hz
シャッター速度 記載なし
解像度 1920 x 1536ピクセル
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 5kg以下
メモリ 記載なし

アムテックスの基本情報

所在地 東京都世田谷区経堂5丁目20番16号
営業時間 記載なし
電話番号 03-5450-5311
公式サイトURL https://www.amtechs.co.jp/

アルゴ

アルゴは産業用の画像機器や特殊センサ、計測ユニット、ソフトウェアなどを扱う技術商社。同社が扱うCycloneシリーズは、Optronis社が開発した高速・高解像度ハイスピードカメラです。リアルタイムの画像出力で、様々な高速マシンビジョン・アプリケーションに対応。チップマウンター組込みのメインカメラや産業用ロボットアーム取り付けのメインカメラといった用途に適しています。

アルゴのハイスピードカメラ

  • Cycloneシリーズ

高速撮影だけでなく、高解像度での撮影ができるという特徴を持っています。50Gbpsというデータ通信速度で、高速の広帯域を実現しているためリアルタイムで高速マシンビジョンを実現。リアルタイムで処理を施したいという方におすすめできるカメラです。また多種多様なアプリケーションにも対応できる機能が備わっているのも強みでしょう。

撮影速度(fps) 最大250,000fps
シャッター速度 記載なし
解像度 9344×7000、
5120×5120、
4672×3416、
2560×1920、
1920×1080、
1280×860
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 記載なし
メモリ 記載なし

アルゴの基本情報

所在地 大阪府吹田市江坂町1丁目13-48 インタープラネット江坂ビル9F
営業時間 記載なし
電話番号 06-6339-3366
公式サイトURL https://www.argocorp.com/
もっと見る

イデオモータ
ロボティクス

イデオモータロボティクスはドローン、撮影機材等の輸入・製造・販売を行なう商社です。同社が扱うWaveは、S35mmセンサーとグローバルシャッターを装備しており、420fps@4,096×2,176px/最大9,259fps@2,048×128pxの撮影が可能。ドローンに搭載するための専用ジンバルのリリースも予定されています。

イデオモータロボティックスのハイスピードカメラ

  • WAVE

アメリカのFreefly Systems社が開発したカメラで、4K・2Kなど高解像度と高速撮影を行えるハイスピードカメラです。2TBのタイプであれば35分という映像も最長で撮影可能です。また専用のジンバルを用いれば、産業用ドローンである「ASTRO」にも搭載できます。そのため空中での撮影に対応でき、建設分野や映像制作などで活用できるでしょう。

撮影速度(fps) 422fps、1461fps
シャッター速度 記載なし
解像度 4K、2K
記録時間 最長35分※2TB搭載モデル
感度(ISO) 250
重量 716g
メモリ 記載なし

イデオモータ ロボティクスの基本情報

所在地 東京都府中市宮町1-36-4 府中フラット301
営業時間 記載なし
電話番号 042-310-9120
公式サイトURL https://www.ideorobo.com/

ウェルドビジョン

ウェルドビジョンは溶接用TVカメラシステムや溶接用センサシステムといった溶接の撮影に特化した機器と、ソフトウェアを手がけるメーカー。同社のカメラシステムは重工、重電、鉄鋼、造船、橋梁、電気、建築、鉄道車両、自動車といった各業界に採用されています。ハイスピードカメラEoSensシリーズは300グラムの小型軽量カメラで、高感度のCMOSセンサーを搭載することで低照度での撮影を可能にしたモデルです。

ウェルドビジョンのハイスピードカメラ

  • Eosensシリーズ

コストを抑えながら、110fpsや500fpsの高速撮影ができます。さらにコンパクトタイプでポータビリティも高く、画素数も決して悪くはありません。ダイナミックレンジの調整ができる機能も搭載されており、露出がオーバー状態にあれば再チャージでダイナミックレンジの拡大も可能です。フレームサイズを押さえれば、最大120,000fpsまで対応できます。

撮影速度(fps) 110fps、500fps、最大120,000fps
シャッター速度 記載なし
解像度 1280×1024
記録時間 記載なし
感度(ISO) モノクロ2500ASA、カラー2000ASA
重量 300g
メモリ 記載なし

ウェルドビジョンの基本情報

所在地 神奈川県横浜市西区桜木町7-42八洲学園大学ビル7F-H
営業時間 記載なし
電話番号 045-620-9636
公式サイトURL http://www.weldvision.jp/

エフ・アイ・ティー・パシフィック

エフ・アイ・ティー・パシフィックは、自動車の安全性能を向上させるためのソリューションなどを提供する技術商社。同社が輸入販売するドイツPCO社製のCSシリーズは、オンボード、オフボード、スレッド試験といった車の衝突試験などに使用されています。小型軽量で耐衝撃性に優れており、車内のさまざまな部位に取り付けが可能です。

エフ・アイ・ティー・パシフィックのハイスピードカメラ

  • pco.dimax CSシリーズ

オンボード・オフボード・スレッド試験など車両の衝突試験をメインに対応できるように設計されているハイスピードカメラです。小型化が図られており、軽量かつ耐久性が高いので、車両の様々な部位に取り付けやすいでしょう。モノクロやカラーに対応しており、撮影したいシーンなどに応じて選択可能です。

撮影速度(fps) 1102fps、1603fps、3086fps
シャッター速度 記載なし
解像度 2016×2016px(cs4)/1920×1440px(cs3)/1296×1024px(cs1)
記録時間 記載なし
感度(ISO) 1250〜16000(モノクロ)/160〜6400(カラー)
重量 0.985kg
メモリ 9GB

エフ・アイ・ティー・パシフィックの基本情報

所在地 東京都台東区浅草橋3-20-15 浅草橋ミハマビル4F
営業時間 記載なし
電話番号 03-5820-7021
公式サイトURL https://www.fitpacific.com

カトウ光研

カトウ光研は、シュリーレン装置をはじめとする可視化計測用機器の開発を手がけるメーカー。同社のハイスピードカメラk5は、感度や高速撮影に優れており、気体・液体の流れやノズル・噴霧・燃焼の可視化、溶接工程の可視化などに適したPIV(粒子画像流速測定法)に対応しているほか、カメラリンク出力による複数台同機種の同期撮影も可能です。

カトウ光研のハイスピードカメラ

  • k5

液体や気体の流れ・ノズルや噴霧、燃焼、溶接工程の可視化などの撮影に向いているハイスピードカメラです。粒子画像流速測定法にも対応しているだけでなく、カメラリンクの出力によって、複数台の同機種同士の同期撮影も行うことができます。約1.2Kgという重量になっているので、持ち運び自体も比較的問題ないでしょう。

撮影速度(fps) 8.000fps@640×480px/
最大120,000fps
シャッター速度 3μs
解像度 640×480px
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 約1.2kg
メモリ 8GB(標準)/16GB(増設モデル)

カトウ光研の基本情報

所在地 神奈川県伊勢原市石田737-2
営業時間 記載なし
電話番号 0463-91-1281
公式サイトURL https://kk-co.jp

キーエンス

センサや測定器、画像処理機器、自動制御機器などの開発と製造を行うキーエンスでは、セッティングが容易で、操作や撮影データの活用も手軽に行えるハイスピードカメラ、VW-9000シリーズを製造・販売しています。

キーエンスのハイスピードカメラ

  • VW-9000シリーズ

セッティング・操作・データの分析・活用などが比較的簡単に行えるハイスピードカメラです。カメラに搭載された内部照明によって対象物に光を当てることが出来るため、わざわざ外部の照明を用意する必要もありません。データロガーを標準装備されているので対象物の動きに合わせて、センサーのデータによって波形で同期収集にも対応しています。

※製品スペックは公式サイトに記載がありませんでした。

撮影速度(fps)
シャッター速度
解像度
記録時間
感度(ISO)
重量
メモリ

キーエンスの基本情報

所在地 大阪府大阪市東淀川区東中島1-3-14
営業時間 記載なし
電話番号 06-6379-1111
公式サイトURL https://www.keyence.co.jp

Q’sfix

Q’sfixは高度な生体機能・動作機能計測技術を、スポーツや教育、リハビリなどの分野に応用する事業を展開しています。高速GigEカメラは、同社の動作解析システム「Frame-DIAS」との組み合わせに適したハイスピードカメラ。同期信号発生装置によって複数台カメラを同期し、高画質なプログレッシブ画像を最高300fpsで撮影することが可能です。

Q'sfixのハイスピードカメラ

  • 高速GigEカメラ

動作解析システムである「Frame-DIAS」と一緒に組み合わせることで、運用しやすいハイスピードカメラです。複数台のカメラと同期することができ、プログレッシブな画像を300fpsで撮影できます。解像度は640×480pxとなっており、撮影データを直接パソコンメモリに取り込んだ後でAVIファイルに保存可能です。そのため撮影後の作業も容易でしょう。

撮影速度(fps) 300fps
シャッター速度 記載なし
解像度 640×480px
記録時間 PCのメモリ容量に依存
感度(ISO) 記載なし
重量 記載なし
メモリ -(PCメモリ)

Q’sfixの基本情報

所在地 東京都千代田区丸の内1丁目7番12号サピアタワー26F
営業時間 記載なし
電話番号 03-6269-9444
公式サイトURL https://www.qsfix.com

コーンズテクノロジー

コーンズテクノロジーでは、高温下や放射線環境下といった過酷な環境に対応する赤外線ハイスピードカメラを扱う技術商社です。HD-IRは、3枚の高速減衰フィルタを内蔵することによって極端な温度変化の観測を実現した高ダイナミックレンジ赤外線カメラで、最大2,500℃までの計測が可能なため、内燃機関円筒内熱・分光計測や爆発事象解析、弾道衝撃解析などに活用されています。

コーンズテクノロジーのハイスピードカメラ

  • 高速赤外線カメラ HD-IR

3枚の高速減衰フィルターが搭載してあり、極端な温度変化の観察にも高台ネミックレンジ赤外線カメラで撮影可能です。さらに広範囲の温度観測も実現しています。対象物に対し、自動的に適切な露光時間を設定でき、減衰フィルターを変えることによって最大で2500度までの計測が可能です。エンジン円筒内熱や分光計測などにも対応できるでしょう。

撮影速度 2,000Hz@320×240px
シャッター速度 1μs
解像度 320×256px
記録時間 45秒以上@320×256px
感度(ISO) 記載なし
重量 記載なし
メモリ 16GB

コーンズテクノロジーの基本情報

所在地 東京都港区芝3丁目5番1号 コーンズハウス
営業時間 記載なし
電話番号 03-5427-7550
公式サイトURL https://www.cornestech.co.jp

グラフテック

グラフテックは、さまざまな実験において、各種センサ信号とハイスピードカメラで撮影した映像を同期させることにより、詳細な検証を行うシステムなどを提案しています。同社のHAS-D72は、2,000fps@1,280×1,240px(130万画素)の撮影を実現したハイスピードカメラ。USB3.0インターフェースでライブ確認も可能です。オプションでバッテリー駆動、ホットスワップに対応しているため、ホストPCから切り離して運用することが可能です。

グラフテックのハイスピードカメラ

  • HAS-D72

130万画素の撮影下で、2000fpsを実現しているハイスピードカメラです。オプションですがバッテリー駆動にも対応しており、さらにホットスワップも可能なので、録画中にホストのパソコンから切り離した状態で運用できます。またUSB3.0インターフェースを活用してライブ確認もできるなど、撮影しやすい機能がしっかりと搭載されているでしょう。

撮影速度(fps) 2,000fps@1,280×1,240px
シャッター速度 1μs
解像度 1,280×1,240px
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 1.2kg
メモリ 8GB(標準)/16GB(増設モデル)

グラフテックの基本情報

所在地 神奈川県横浜市戸塚区品濃町503-10
営業時間 記載なし
電話番号 045-825-6200
公式サイトURL https://www.graphtec.co.jp/index.html

サンゲン

サンゲンは、FAコンポーネント、FAシステム、計測・検査機器、ロボットなどを扱う技術商社で、米国FASTEC IMAGING社のポータブル・ハイスピードカメラを扱っています。TS5シリーズは、バッテリー内蔵でポータブルタイプのハイスピードカメラ。生産ラインのチョコ停、製品不良、機械トラブルの原因解明や、生産ラインのタクトアップのための機械動作解析に適しています。

サンゲンのハイスピードカメラ

  • TS5シリーズ(TS5-Q)

バッテリーが内蔵しているポータブルタイプなので、どこでも撮影しやすいでしょう。生産ラインのチョコ停・製品不良・機械トラブルの原因を解明など、様々な機械動作解析向きのカメラです。落下試験や衝撃試験、その解析だけでなく、振動の挙動や防振効果などの視覚的チェック、スポーツ分野の運動解析などでも幅広く活用できるでしょう。

撮影速度(fps) 253fps
シャッター速度 記載なし
解像度 2,560×2,048px
記録時間 6.3秒(2,560×2,048px)
感度(ISO) 記載なし
重量 1.8kg
メモリ 8GB

サンゲンの基本情報

所在地 広島県広島市中区橋本町7-26
営業時間 記載なし
電話番号 082-227-2220
公式サイトURL https://www.sangencorp.com

シーアイエス

シーアイエスは産業用カメラ・画像処理装置の開発・製造と販売、画像処理ソフトウェア・アルゴリズムの開発を手掛けており、小型軽量のハイスピードカメラをはじめとしてさまざまな産業用カメラを開発・製造しています。VCC-VCXP5Mは1辺29mmのキューブ型、重量50グラムという小型カメラ。外部トリガーモード、パーシャルスキャン、露光設定、ゲイン設定機能を装備した、FA/マシンビジョン向けのハイスピードカメラです。

シーアイエスのハイスピードカメラ

  • VCC-VCXP5M

1辺が約3センチの箱型で、重量はたった50グラムという非常に小型のカメラです。そんなコンパクトなサイズに関わらず、523fpsでの撮影ができます。また外部トリガーモード・バーシャルスキャン・ゲイン設定機能・露光設定などの機能が搭載。1/2.9型のSony Pregius CMOSセンサーを活用しているのも特徴的です。持ち運びなどの負担がかからないなどの魅力もあります。

撮影速度(fps) 523fps(8bit)
シャッター速度 記載なし
解像度 728×544px
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 50g
メモリ 記載なし

シーアイエスの基本情報

所在地 東京都八王子市東浅川町539-5
営業時間 記載なし
電話番号 042-664-5535
公式サイトURL https://www.ciscorp.co.jp

シナノケンシ

シナノケンシは、開発や製造の現場で発生するさまざまな現象を可視化する波形同期型ハイスピードカメラの開発、製造と販売を行っています。波形同期型ハイスピードカメラは、ハイスピードカメラとデータロガー、モニタがパッケージになったオールインワンのハイスピードカメラ。高速度映像と波形データを同期記録でき、再生と解析もその場で実施可能です。同社のフラッグシップ機PL3には、映像や制御信号の変化をトリガとする自動記録システムが搭載されているほか、マルチカメラ機能によるサーモグラフィ撮影にも対応しています。

シナノケンシのハイスピードカメラ

  • プレクスロガー(PLEXLOGGER)PL3

ハイスピードカメラ・データロガー・モニタが一つになったオールインワンの波形同期型のカメラの中でも高性能なモデルと言えるでしょう。映像と波形データが同時に記録できるため、評価・検証・不具合解析などの作業効率アップにつながります。さらに解析ソフトウェアも標準で搭載されているので、原因究明やレポート、エビデンスの作成まで一台で完結可能です。

撮影速度(fps) 100,000fps(最大)
シャッター速度 1/100,000秒
解像度 1,280×1,024px
記録時間 250fps、VGA設定時 
通常記録:約150秒、
長時間記録:約1時間17分
感度(ISO) 記載なし
重量 490g(カメラヘッド)/1.9kg(本体ユニット)
メモリ 16GB

シナノケンシの基本情報

所在地 長野県上田市上丸子1078
営業時間 記載なし
電話番号 0268-41-1840
公式サイトURL https://jp.aspina-group.com/ja/

島津製作所

島津製作所は、分析計測機器、医用機器、産業機器、航空/海洋/磁気計測機器などを手がけるメーカー。同社のHyper Vision HPV-X2は1,000万fpsの分解能を持ち、衝撃波の発生と伝播、航空・宇宙材料の高速衝撃試験、燃料噴射装置の噴射過程といった高速現象を可視化できるハイスピードカメラです。2台のカメラを同期させれば3次元画像解析も可能で、さまざまな高速現象の解析に対応しています。

島津製作所のハイスピードカメラ

  • Hyper Vision HPV-X2

1000万分の1秒の動きも鮮明に撮影できるカメラです。2台のカメラを同期させることによって、3次元画像解析もでき幅広い超高速の現象解析にも役立ちます。たとえば衝撃波の発生・伝播や航空・宇宙材料などの衝撃試験、燃料噴射装置が噴射する過程などの高速現象の可視化などが容易にできるでしょう。そのため高速現象の撮影を行いたい方が検討したいカメラと言えます。

撮影速度(fps) 1,000万fps
シャッター速度 50ns
解像度 5万画素(HPモード)/10万画素(FPモード・400×250px)
記録枚数 最大256枚(HPモード)
感度(ISO) 記載なし
重量 約6.4kg(カメラヘッド)
メモリ 4GB

島津製作所の基本情報

所在地 京都府京都市中京区西ノ京桑原町1番地
営業時間 記載なし
電話番号 075-823-1111
公式サイトURL https://www.shimadzu.co.jp

松電舎

松電舎は光学機器の企画・製造・販売を行うメーカー。比較的低価格のモデルから高感度・高速のハイエンドモデルまで、4機種のハイスピードカメラを提供しています。CHU30-B-RSはUSB3.0バスパワーで稼働する小型ハイスピードカメラ。標準のトリガー録画ソフトを使うことで、トリガーが入った前後を記録、確認できます。

松電舎のハイスピードカメラ

  • CHU30-B-RS

たった63グラムという重量でコンパクトなタイプのハイスピードカメラです。こんなコンパクトでありながら、使いやすいようUSB3.0バスパワーで稼働が可能。さらに同梱のトリガー録画のソフトを活用すれば、トリガーの入った前後を記録・確認ができます。640×480pxの解像度もあるため、決して低すぎることもありません。

撮影速度(fps) 800fps@640×480px/最高1,000fps
シャッター速度 5μs
解像度 640×480px
記録時間 20秒@800fps(PCメモリ8GB時)
感度(ISO) 記載なし
重量 63g
メモリ 記載なし

松電舎の基本情報

所在地 大阪府大阪市北区万歳町4-12浪速ビル東館7F
営業時間 10:00〜19:00(ショールーム。完全予約制)
電話番号 06-6364-3000
公式サイトURL https://www.shodensha-inc.co.jp/

ディテクト

ディテクトでは、ハイスピードカメラ映像をはじめとする動画の解析ソフトを手掛けています。同社が扱うHAS-DXは、フルHD(1,920×1,080px)において2,000fpsを実現した高精細ハイスピードカメラ。USB3.0接続によってノートPCでも制御可能で、手軽に高精細高速度撮影が行えます。タブレットPCを意識したわかりやすいGUIで、機動性の高い現場運用が可能です。

ディテクトのハイスピードカメラ

  • HAS-DX

フルハイビジョンで2000fpsを実現しているフラッグシップモデルです。外部動機や外部トリガーでのマルチカメラの動機撮影にも対応。タブレットパソコンを意識したGUIを導入しているので、高い機動性が求められる現場でも使いやすいでしょう。USB3.0を接続することでノートパソコンでも制御ができるので、簡単に高精度の高速度撮影も行えます。

撮影速度(fps) 最大100,000fps
シャッター速度 1μs
解像度 1,920×1,080px
記録時間 記載なし
感度(ISO) 20V/lx.s(モノクロ)/6V/lx.s(カラー)
重量 1,320g
メモリ 8GB(標準)/16G(オプション)

ディテクトの基本情報

所在地 東京都渋谷区南平台町1-8
営業時間 記載なし
電話番号 03-5457-1212
公式サイトURL https://www.ditect.co.jp

デジモ

デジモは、大学や研究機関向けと製造業向けに長時間録画が可能なハイスピードカメラシステムと、解析用のソフトウェアを開発しています。LRH1540は、ラボや製造ラインでの活用を想定したハイスピードカメラ。大容量・高速SSDに非圧縮動画像を保存できるので、粒子・分子・気泡等の運動解析、材料開発における振動・ひずみ観察、気体・液体の流体現象の解析、また製造現場におけるチョコ停の自動録画等、さまざまな用途に対応しています。

所在地 東京都千代田区神田駿河台4-4-1 PMO御茶ノ水7階
営業時間 記載なし
電話番号 03-6260-8027
公式サイトURL http://www.e-image.co.jp

デルフトハイテック

デルフトハイテックは、ハイパースペクトルカメラや赤外線カメラといった産業用カメラと、画像処理ソフトや画像処理ボードといったデジタル技術応用の画像処理などを手掛けています。同社のVICTOREM 51B163は、高速移動中のオブジェクトを歪みなく捉えるグローバルシャッターを搭載した産業用ビデオカメラ。容積測定ビデオキャプチャ、マシンビジョン、自動光学検査などに対応します。

所在地 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル4階
営業時間 9:00〜18:00
電話番号 044-455-0251
公式サイトURL https://dht.co.jp

ナックイメージ
テクノロジー

映像機器の専門メーカー、ナックイメージテクノロジーでは、製造現場や流体解析、自動車衝突実験、人間工学や生命科学などに対応するハイスピードカメラを展開しています。MEMRECAM ACS-1は54,000fps@1,280×896pxの高速度撮影と、ISO100,000(モノクロ)を両立した高感度ハイスピードカメラ。低照度環境下でも明るく鮮明に撮影でき、熱に弱い対象物や拡大光学系を用いた撮影にも対応しています。

所在地 東京都港区北青山2丁目11番3号 A-PLACE青山2階
営業時間 記載なし
電話番号 03-3796-7900
公式サイトURL https://www.nacinc.jp

日西技研

日西技研は電子機器・産業機械メーカー。同社のマシンレコーダーは、製造業にとって必要十分な機能と性能を持った低価格のハイスピードカメラです。高度な異常トリガー録画機能や複数カメラ接続、AIによる異常検出にはオプションで対応。印刷機、半導体製造機、プレス機械、NC加工機、充填機など、製造現場での使用に適しています。

所在地 石川県金沢市いなほ1丁目9-2
営業時間 10:00〜17:00
電話番号 076-213-8111
公式サイトURL https://nissei-giken.co.jp

ノビテック

ノビテックは、高速度現象の可視化・計測を専門とする技術商社。同社が扱うPhantom TMX-7510/6410/5010は、1,280x800px(100万画素)で76,000fps、最高撮影速度175万fpsを実現したハイスペックモデル。フォトダイオードへの入射光を妨げる従来のセンサーの回路部分をセンサーの背面に配置する「裏面照射型センサー」を実装しており、ISO感度125,000(モノクロ)を実現しています。

所在地 東京都渋谷区恵比寿1-18-18 東急不動産恵比寿ビル7F
営業時間 9:00~18:00
電話番号 03-3443-2633
公式サイトURL https://www.nobby-tech.co.jp

フォトロン

フォトロンは画像にこだわった技術と製品や開発するメーカー。高速・高画質のハイスピードカメラをはじめ、偏光、赤外線ハイスピードカメラ、ハイスピードストリーミングカメラなどを手掛けています。FASTCAM Nova Sシリーズは質量3.3kgの小型軽量密閉筐体のハイスピードカメラです。モノクロ64,000、カラー16,000と高いISO感度を有し、燃焼や溶接、切削現場での撮影に対応します。

所在地 東京都千代田区神田神保町一丁目105番地 神保町三井ビルディング21
営業時間 9:00~18:00
電話番号 03-3518-6290
公式サイトURL https://www.photron.co.jp

朋栄

映像関連機器の専門メーカー朋栄は、スポートやエンタテインメント分野での使用に適したハイスピードカメラを開発しています。FT-ONE-LSはスポーツ中継に特化して実用性を追求したハイスピードカメラ。フリッカー補正機能を搭載し、体育館やドームなどの屋内撮影、ナイターの撮影時でも鮮明な映像が得られます。また、電源投入時から映像を常時上書き録画しており、トリガーを押した時点でメモリ内に保存する仕様になっています。

所在地 東京都渋谷区恵比寿3丁目8番1号
営業時間 記載なし
電話番号 03-3446-3121
公式サイトURL https://www.for-a.co.jp

MEDIAEDGE

MEDIAEDGEは映像配信機器やシステムを手がける映像ソリューションカンパニー。同社のQDCAMは、スポーツに特化したハイスピードカメラです。4,096×2,160pxの高解像度で4倍速スーパースロー撮影に対応し、滑らかなスローモーション再生や精度の高いスポーツ解析が可能なことに加えて、4Kシネマ制作や映像制作にも適しています。

所在地 兵庫県神戸市中央区浜辺通5-1-14 神戸商工貿易センタービル23F
営業時間 記載なし
電話番号 078-265-1551
公式サイトURL https://www.mediaedge.co.jp

コヤマ・システム

RekamoMAシリーズを取り扱っている会社です。高性能なモデルから高速度が必要のない方に向けたモデルなど、必要に応じて選択できます。簡単に移動できるタイプもあり、人件費削減や業務の効率アップにも役立つでしょう。システム開発も行っているので、企業が抱えている問題に対処できるサポートを提案してくれます。

所在地 香川県高松市林町2545-3
営業時間 平日9:00~17:00
電話番号 087-867-1721
公式サイトURL https://www.kym-sys.co.jp/

SPICE(スパイス)

OptiTrackのカメラを取り扱う日本総代理店です。Prime SeriesやFlex Seriesなど、様々なモデルのカメラがラインナップされています。たとえばPrime Colorなら鮮明に一瞬一瞬を切り取ることができ、さらに遅延もほとんど感じないモデルです。目的や環境などに合わせて、最適な性能のカメラを選ぶことができるでしょう。

所在地 東京都港区赤坂2-14-5 Daiwa赤坂ビル7F
営業時間 要問合せ
電話番号 03-5549-6130
公式サイトURL https://mocap.jp/

acepoint(エースポイントシステムズ)

NOVA・AXシリーズ・D71・U2の4種類のハイスピードカメラを取り扱っており、軽量なものも多く持ち運びが比較的容易です。オプションなどもあるため、必要な性能を追加できるのも特徴的。ハイスピードカメラだけでなく、様々なセンサーなどのシステムも取り扱っており、総合的なサポートを実現してくれるでしょう。

所在地 大阪府大阪市北区西天満1-11-20 イトーピア西天満ソアーズタワー1103
営業時間 平日9:00~18:00
電話番号 06-6311-3770
公式サイトURL http://www.acepoint.co.jp/

西華デジタルイメージ

汎用タイプ・高速タイプ・高解像度タイプのハイスピードカメラをラインナップしており、それぞれのニーズや予算などに合わせたカメラを提供しています。幅広い業界向けになっており、企業が求めるソリューションを提供してくれるでしょう。ハイスピードカメラ以外にも、様々な計測機器などを取り扱っており、ニーズに合ったサポートを実施。

所在地 東京都港区赤坂4-9-6 タク赤坂ビル
営業時間 9:00~18:00
電話番号 03-3405-1280
公式サイトURL https://www.seika-di.com/

AproLink(アプロリンク)

2006年に画像処理の分野をメインに日本国内にとどまらず、世界中の最先端製品の紹介やアドバイス、販売を行う会社として設立。3次元計測用カメラや小型カメラ、高解像度カメラなど、様々な製品がラインナップされています。ハイスピードカメラもイルナス社やキシメア社など多様な製品を取り扱っているので、企業が必要とする性能を満たすものを提供してくれるでしょう。

所在地 千葉県船橋市印内町568-1-2
営業時間 要問合せ
電話番号 047-495-0206
公式サイトURL http://www.aprolink.jp/

フォーアシスト

スポーツの発展に寄与したいと考えて設立された企業です。そのためスポーツ分野に特化した製品が多く、ハイスピードカメラ以外にも人体計測やトレーニングシステム、3次元動作解析などの製品も用意されています。ハイスピードカメラでは、パソコン制御用高速カメラやスポーツコーチングカム、同期システムを搭載などのモデルを提供。

所在地 東京都千代田区神田錦町3-17-14 北の丸ビル2F
営業時間 要問合せ
電話番号 03-3293-7555
公式サイトURL https://www.4assist.co.jp/

岩崎通信機株式会社

岩崎通信機株式会社は1938年に創業した企業であり、80年以上にわたってアナログやデジタル機器に関するノウハウを構築してきました。ハイスピードカメラはシナノケンシ社製の波形同期型ハイスピードカメラ「PLシリーズ」を取り扱っており、全国の事業拠点を通してクライアントのハイスピードカメラ導入を支援します。

所在地 東京都杉並区久我山1-7-41
営業時間 記載なし
電話番号 03-5370-5111
公式サイトURL https://www.iwatsu.co.jp/