【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラ(高速度カメラ)の基礎知識 > ハイスピードカメラはレンタルできる?

ハイスピードカメラはレンタルできる?

このページでは、ハイスピードカメラを購入するのでなく、レンタルサービスを活用したハイスピードカメラの導入について考えてみました。ハイスピードカメラの導入を検討している方は、購入した場合とレンタルの場合とでどのような違いが発生するのか確認しておきましょう。

ハイスピードカメラはレンタル可能

ハイスピードカメラを導入したい場合、レンタルサービスを活用して、期間限定でハイスピードカメラを利用するといった方法があります。

例えば、高性能なハイスピードカメラを購入するための予算が足りなかったり、ハイスピードカメラを必要とするプロジェクトが期間限定であったりする場合、レンタルサービスを活用して一時的にハイスピードカメラを設置するとった方法は事業戦略として重要です。

ただし、ハイスピードカメラをレンタルする場合、購入時との違いについても知っておかなければなりません。

ハイスピードカメラ(高速度カメラ)レンタルを利用するメリット

導入コストを抑えやすい

ハイスピードカメラのレンタルサービスを活用するメリットとして分かりやすいものは、初期費用(導入コスト)を抑えやすいという点です。

当然ながら、レンタルサービスを使った場合、自社でハイスピードカメラを購入する場合よりも安価で同じ製品を利用できます。また、付属品等についてもまとめてレンタルすることができれば、さらに周辺機器などを買いそろえる必要がありません。

利用目的に合わせた活用プラン

ハイスピードカメラを使用する頻度や期待する機能・性能、撮影した画像・映像の用途など、複数のニーズを総合的に考慮してレンタルプランを検討できることもメリットです。

また、レンタルサービスとして最新機種や上位機種といった製品も取り扱われている場合、レンタルのたびに新しい製品を活用できる点も見逃せません。

レンタル台数もサービス会社によって設定可能であり、ニーズに合わせた使い方を模索できます。

故障リスクなどを抑えられる

レンタルサービスではサービス会社がハイスピードカメラなどのメンテナンスや修繕などを対応しているため、自社で定期メンテナンスや修理・修繕などを行う必要がありません。

メンテナンスがされているレンタル品であっても、突発的な不具合が発生するリスクはありますが、その場合はサービス会社へ連絡することで代替品などを速やかに用意してもらえることもメリットです。

利用期間に応じて割引がある場合も

短期間のレンタルでなく、長期のリース契約となった場合、ハイスピードカメラ1台あたりのコストをさらに割引してもらうといったサービスも考えられます。

レンタルとリースは異なるサービス形態であり、契約時にはそれぞれの違いについても理解しておかなければなりませんが、それでもコストや利用期間のバランスを考えながら自社にとって適切なプランを提案してもらえることは魅力的です。

複数のメーカーの製品を比較できる

レンタルサービス会社が複数のメーカーのハイスピードカメラを同時に取り扱っている場合、それぞれの機種の違いや特徴などを改めて詳しく相談して確認することができます。

そのため、色々なハイスピードカメラを比較検討したものの、自社に合う製品を選べないと迷っているような場合、試しにレンタルサービスを活用するのがおすすめです。自社ニーズとのマッチングするか検討した上で、購入するか別機種にするか検討する余裕が生まれます。

なお、プランによってはレンタル後の買取の場合、一部費用を割引してもらえるといった可能性もあるので、ぜひ相談してみてください。

ハイスピードカメラ(高速度カメラ)レンタルを利用するデメリット

トータルコストでは割高になる可能性

ハイスピードカメラをレンタルする場合のデメリットとして、しばしば短期間のレンタルを繰り返すといったような場合、トータルコストではレンタルした方が支出増となるリスクもあります。

基本的に、長期間、同じハイスピードカメラを使い続けようと決めているのであれば、購入した方がトータルコストは下がりやすくなります。

そのため、レンタルサービスを活用する場合は初期コストだけに注目するのでなく、長期的な運用や将来的なプロジェクトの可能性なども視野に入れて考えるようにしてください。

取り扱っている業者や製品が限られている

そもそもハイスピードカメラのレンタルサービスを取り扱っている会社でなければ、レンタルできません。また、サービス会社によってレンタル品として用意している製品のラインナップも異なっており、必ずしも目的とする機種やグレードが利用できるとは限らないといった点もデメリットです。

どうしても必要としている機種や機能、製品グレードなどが決められている場合、レンタルでなく購入を検討した方が無難です。

また、付属品やオプションとしてレンタルできる内容物についても各社で違いがあるため、場合によっては自社で不足品を買って用意しなければならないといった可能性もあります。

機器を交換する際に以前とフローが変わる可能性

以前にレンタルしていたハイスピードカメラと、改めてレンタルするハイスピードカメラが変わった場合、作業手順や撮影画像・収集データの分析方法といった、工程やフローが変わってしまう恐れもあります。

フローが変わってしまうと、改めて作業手順を作ったり、マニュアルを周知徹底したりしなければならず、余計な作業負担が生じてしまうリスクもあるでしょう。

また、同メーカーのシリーズ品であっても、以前よりグレードを下げた結果、思っていた機能が使えずに費用が無駄になるといった問題にも注意してください。

レンタル品が中古品である可能性

レンタル品はそれぞれのクライアントに貸し出され、やがて返却され、また別のクライアントへ貸し出されるといったサイクルを繰り返します。そのため、実質的にレンタルサービスのハイスピードカメラは中古品と同様の状態であると考えられるでしょう。

当然ながらレンタルサービス会社にとってメンテナンス等が実施されており、中古品といっても使用に問題はないかも知れません。

しかし、様々なクライアントに使われてきたハイスピードカメラは個体によって扱いに差があることも当然であり、中には外れの機種に当たってしまう可能性もあります。

レンタルの流れ

ニーズのヒアリング

まずはどのような目的や用途でハイスピードカメラが必要なのか、しっかりと担当者へ相談して希望を伝えます。その上で、担当者がヒアリングしたニーズにもとづいて製品やプランの提案をしてくれるため、自社としての要望をすり合わせていきましょう。

貸し出し・利用

製品やプランが確定すれば実際にレンタルサービスを利用します。

製品の使用マニュアルや使用中の注意事項については、必ず製品を使い始める前に確認しておいてください。

返却・購入の検討

利用期間が終了すると同時にレンタルサービスも満了し、ハイスピードカメラを返却します。ただし、場合によってはそのまま製品を購入し、継続使用にするといったことも可能です。

継続使用の条件は契約前に確認しておきましょう。

まとめ

ハイスピードカメラを導入する場合、自社で製品を購入する方法と、レンタル会社から任意のハイスピードカメラをレンタルして一時的に利用する方法があります。

購入とレンタルにはそれぞれメリットやデメリットがあり、重要なポイントは自社がどうしてハイスピードカメラを使いたいのか、その理由やニーズなどとしっかりマッチングすることです。

初期コストや長期的な運用も視野に入れて、自社にとって適切なプランを考えていきましょう。

さまざまなハイスピード
カメラを
扱っている会社一覧

THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。