【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラ(高速度カメラ)を扱う会社一覧 > ノビテック

ノビテック

高速度現象の可視化・計測を専門とする技術商社のノビテックでは、ハイスピードカメラやドップラーレーダー、スーパースローカメラといった高速現象に関わる機材を様々な分野に提供しています。

ノビテックのハイスピードカメラ

Phantom TMX-7510/6410/5010

ノビテックの製品写真1
引用元:ノビテック公式HP(https://www.nobby-tech.co.jp/measure/highspeed/TMX7510_6410.html)

1,280x800px(100万画素)で76,000fps、最高撮影速度175万fpsを実現したフラッグシップモデル。画像補間を行わず、グローバルシャッターでの実解像度、実撮影速度での撮影を行っており、動体解析、PIV、DIC等の画像解析に適しています。フォトダイオードへの入射光を妨げる従来のセンサーの回路部分をセンサーの背面に配置する「裏面照射型センサー」を実装することで、効率的に光を集められるようになり、ISO感度125,000(モノクロ)を実現しました。ピクセルピッチが小さいので、拡大撮影や特殊光学系での撮影に適しています。

撮影速度(fps) 76,000fps@1,280×800px/最大1,750,000fps(TMX 7510)
シャッター速度 95ns
解像度 1,280×800px
記録時間 記載なし
感度(ISO) 125,000(モノクロ)/16,000(カラー)
重量 9.1kg
メモリ 128GB/256GB/512GB

Phantom V

ノビテックの製品写真2
引用元:ノビテック公式HP(https://www.nobby-tech.co.jp/measure/highspeed/PhantomV/uhs2.html)

Phantom Vには、高速度モデルのv2512・v2012と、4Mの高画質モデルv2640・v1840の4機種がラインナップされています。最大288GBの画像メモリを搭載し、長時間の撮影が可能。10GBイーサネットを標準搭載しており、高速データ転送に対応しています。カメラ内部メモリを分割、撮影しながらPCへの画像転送が行えるようにしたことでデータ保存の待ち時間がなくなり、連続撮影が可能です。オプションの長時間記録&連続撮影メモリ「シネマグ」のインターフェイスが標準装備されており、最大で12分40秒(700fps@1,280×800px)の撮影ができます。

撮影速度(fps) 25,600fps@1,280×800px(v2512)/4,850fps@2,048×1,952px(v2640)
シャッター速度 1μs(v2512)/499ns(v2640)
解像度 1,280×800px(v2512)/2,048×1,952px(v2640)
記録時間 46,800枚(72GB)
感度(ISO) 100,000(モノクロ)/10,000(カラー)(v2512)/32,000(モノクロ)/5,000(カラー)(v2640)
重量 8.1kg
メモリ 72GB/144GB/288GB

Phantom T

ノビテックの製品写真3
引用元:ノビテック公式HP(https://www.nobby-tech.co.jp/measure/highspeed/T-series.html)

可搬性に優れたオールインワンの小型軽量ハイスピードカメラ。耐衝撃性30Gと、優れた堅牢性も備えています。Phantom Tシリーズには、高速度・高感度モデル Phantom T3610と4M超高画質モデル Phantom T1340の2モデルのラインナップがあります。

撮影速度(fps) 38,040fps@1,280×800px(T3610)/3,270fps@2,048×1,952px(T1340)
シャッター速度 190ns(T3610)/499ns(T1340)
解像度 1,280×800px(T3610)/2,048×1,952px(T1340)
記録時間 46,800枚(72GB)
感度(ISO) 125,000(モノクロ)/16,000(カラー)(T3610)/40,000(モノクロ)/5,000(カラー)(T1340)
重量 4.5kg
メモリ 64GB/128GB/256GB(T3610)/36GB/72GB/144GB(T1340)

Phantom VEO

ノビテックの製品写真4
引用元:ノビテック公式HP(https://www.nobby-tech.co.jp/measure/highspeed/PhantomVEO.html)

オールインワンの小型・軽量ハイスピードカメラ。可搬性に優れ、設置場所を選びません。耐衝撃性は30G(通常モデル)、100G(メカニカルシャッターなしモデル)と、堅牢性にも優れています。VEO1310、VEO-E310、VEO410、VEO710、VEO340、VEO640、VEO4K 590、VEO4K 990の8機種があり、それぞれに研究開発向けのLモデル、フル装備版のSモデルが設定されています。

撮影速度(fps) 10,860fps@1,280×960px/最大423,350fps(VEO1310)
シャッター速度 706ns(VEO1310)
解像度 1,280×960px
記録時間 記載なし
感度(ISO) 80,000(モノクロ)/8,000(カラー)(VEO1310・VEO1010)
重量 1.8〜3.0kg
メモリ 18GB/36GB/72GB(VEO4K590とVEO4K990には18GBの設定なし)

Phantom Miro

ノビテックの製品写真5
引用元:ノビテック公式HP(https://www.nobby-tech.co.jp/measure/highspeed/phantom_miro.html)

Phantom Miro Cシリーズは、小型で軽量な筐体に耐G仕様とバッテリ搭載を実現したハイスピードカメラで、衝突・落下・振動試験や狭小エリアの撮影などに適しています。不揮発性メモリCineFlashを内蔵しているため、電源供給が断たれた場合でも試験データを消失する心配がないC210、オプションのジャンクションボックスを使って複数台カメラの同期撮影を簡単に行えるC210Jなど、3つのモデルに合計5つのバリエーションがあります。

☆1800fps仕様表には2000fpsと表示。撮影速度と解像度の一覧表には1800fpsと表示されています。☆
撮影速度(fps) 1,480fps@1,920x1,080px(320)/1,800fps@1,280x1,024px(210)
シャッター速度 1μs(320)/5μs(210・110)
解像度 1,920x1,080px(320)/1,280x1,024px(210・110)
記録時間 4.4秒@1,480fps・1,920x1,080px・16GB(320)/4.2秒@1,800fps☆・1,280x1,024px・16GB(210)
感度(ISO) 25,000(モノクロ)・12,500(カラー)(320)/5,000(モノクロ)640(カラー)(210・110)
重量 540g
メモリ 8GB/16GB(110は8GBのみ)

Phantom S

ノビテックの製品写真6
引用元:ノビテック公式HP(https://www.nobby-tech.co.jp/measure/highspeed/S-series.html)

PhantomSシリーズは、ハイスピード撮影を長時間記録できるシステム。4K超高解像度カメラから高速度モデルまで、5つのモデルがあります。カメラセンサー部と長時間記録ユニットDVRを超高速データ通信可能なCoaXPressで接続することで、長時間の録画を可能にしています。

撮影速度(fps) 7,270fps@1,280x800px(S710)/930fps@4,096x2,304px(S990)
シャッター速度 300ns(S710)/2μs(S990)
解像度 1,280x800px(S710)/4,096x2,304px(S990)
記録時間 5.6TB:約40分/11TB:約80分/22TB:約160分
感度(ISO) 16,000(モノクロ)・2,000(カラー)(S710)/5,000(モノクロ)640(カラー)(S990)
重量 6.4kg
メモリ 5.6TB/11TB/22TB(長時間記録ユニットDVR)

TACHYON 16k

ノビテックの製品写真7
引用元:ノビテック公式HP(https://www.nobby-tech.co.jp/measure/highspeed/tachyon_16k.html)

最高10,000fpsの撮影が可能な中赤外線カメラ。100℃以上の熱放射体(固体、気体)を可視化できます。アーク溶接やレーザー溶接、金属3Dプリンタ、高熱ガスの流れ、ガラスの加工工程、ガス、火炎など、様々な研究開発・製造現場での使用に適しています。本体重量400gの小型軽量カメラで10秒以内に起動でき、持ち運びや設置を容易に行えます。

撮影速度(fps) 2,000fps@128×128px/最大10,000fps
シャッター速度 10μs
解像度 128×128px
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 400g
メモリ 記載なし

Kirana

ノビテックの製品写真8
引用元:ノビテック公式HP(https://www.nobby-tech.co.jp/measure/highspeed/kirana.html)

924x768pxで最高500万fps、180枚の連続撮影が可能なハイスピードカメラ。高い時間分解能と空間分解能を有し、さまざまな画像解析に対応します。航空機やロケットの機体周辺の高速な空気の流れや衝撃波の伝播状況、インクジェットの射出状況、着弾の様子、各種材料の引張り・圧縮変形など、高精度な定量解析を必要とする用途に適しています。爆発と燃焼、放電・プラズマ、燃料噴霧など研究にも活用可能です。

撮影速度(fps) 500万fps@924x768px
シャッター速度 100ns
解像度 924x768px
記録時間 2秒@1,000fps
感度(ISO) 記載なし
重量 10.5kg
メモリ 記載なし

SIM

ノビテックの製品写真9
引用元:ノビテック公式HP(https://www.nobby-tech.co.jp/measure/highspeed/sim.html)

超高解像度イメージインテンシファイアと優れた光学設計によって、最高10億fpsの撮影を可能にした超高速度マルチチャンネル・フレーミングカメラ。放電や爆発、破壊と衝撃波、燃焼や流体、飛翔体などの高速度撮影の用途に適しています。解像度が高く、立ち遅れやゴーストのない画像を取得することが可能です。

撮影速度(fps) 最大10億fps
シャッター速度 5ns
解像度 1,280×960px
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 記載なし
メモリ 記載なし

ノビテックのハイスピードカメラは、研究開発に限らず、宇宙や防衛関連など、特殊な状況にも対応していることが分かります。
どんな業界や用途で使用するにしても、オーバースペックなものを導入して持て余すことのないよう、自社が求める性能を把握することが大切。以下ページではどの業界・用途にどれくらいの撮影速度が必要なのかを簡単に解説し、製造現場・研究開発・特殊撮影の3つのシーンごとにオススメの会社を紹介しています。

ノビテックのハイスピードカメラの活用事例

衝撃波とデトネーションを撮影

※引用元:ノビテック公式YouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=9kDeTVjxDh4&t=3s)

ハイスピードカメラPhantom V2512モノクロと可視化用レーザ照明CaviluxSmart UHSを使用し、ガス銃から射出された弾まわりの衝撃波・デトネーションの様子を撮影しました。
Phantom V2512の短露光時間10nsと撮影速度10万fpsにより、衝撃波に加え、デトネーションによるうろこ状の波面が鮮明に可視化できています。

水中爆発の観察

※引用元:ノビテック公式YouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=Ahk9TX7yaaU)

水中爆発の様子を100,000fps(@256×320px)で撮影しました。撮影機材はPhantom V。ジェットが発生する様子、そして爆発のエネルギーが膨張と収縮を何度も繰り返す様子を確認することができます。

ノビテックの特徴

高速度現象の可視化と計測の専門商社

ノビテックは高速度現象の可視化・計測を専門とする技術商社。「計測技術を社会貢献の礎と考え、最先端の研究開発を支援する」という企業理念を掲げており、ハイスピードカメラ、ドップラーレーダー、放送業界向けのスーパースローカメラ、モーションキャプチャ技術を用いた3次元リアルタイムモーション計測システムなどを扱っています。
同社の製品は、研究開発機関や製造業、航空宇宙防衛分野、医療分野、メカトロニクスやバイオニクス分野、またエンターテイメント分野などで採用されています。

ノビテックの会社情報

所在地 東京都渋谷区恵比寿1-18-18 東急不動産恵比寿ビル7F
営業時間 9:00~18:00
電話番号 03-3443-2633
公式サイトURL https://www.nobby-tech.co.jp
THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。