【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラ(高速度カメラ)の基礎知識 > ハイスピードカメラの照明について

ハイスピードカメラの照明について

ハイスピードカメラの中には暗い場所でも撮影できる高性能モデルもありますが、性能を最大限に発揮しようと思えば適切な照明を使って最適な明るさを用意してやることも大切です。このページでは、ハイスピードカメラと照明についてまとめました。

ハイスピードカメラで用いる照明の種類

照明は製品によって発光システムや明度、色合いなどが異なり、それぞれの特性を理解しておかなければハイスピードカメラに適した照明を選ぶこともできません。ここでは一般的に利用される、ハイスピードカメラ撮影時の照明について解説します。

メタルハライド照明

メタルハライド照明とは、水銀照明のメリットを維持しつつ、安全性や環境性能、省エネ性能などを追求して開発された照明です。高圧水銀灯よりも演色性や発光効率が改善されており、水俣条約によって規制されている高圧水銀灯に対して、性能面でも法規面でも有益な照明といえます。

メタルハライド照明は「メタハラ」と略されることもあり、型番では「MF」が使用されます。

LED照明

LED照明とは、文字通りLED(発光ダイオード)を使った照明です。

LEDはダイオードの1種であり、順方向へ電気を流した場合にのみ発光する性質を備えた半導体素子です。

LEDは高圧水銀灯やメタルハライドよりも省エネ性能に優れており、同じだけの光量を確保するために必要な電力量が少ないこともポイントです。

また、複数のLEDを組み合わせることで自在に色を調整できる点も見逃せません。

ファイバー照明

ファイバー照明とは、本体に光ファイバーを接続し、光ファイバーの先端から光を照射できる装置です。

光ファイバーの中では、本体から発せられた光が内壁で反射しながら先端まで届けられており、本体装置から離れた場所であってもファイバーが届く範囲であれば明るく照らせることが特徴です。

LEDファイバー照明

LEDファイバー照明は、光源にLEDを利用したファイバー照明であり、省エネ性能と照射範囲の両方を追求したシステムといえるでしょう。

ハロゲン照明

ハロゲン照明は白熱電球の一種であり、電球内のフィラメントに電気を流すことで光を発生させる電球です。

従来の白熱電球は電球内に不活性ガスを封入していただけですが、ハロゲン照明ではさらにハロゲンガスが使用されており、従来の白熱電球よりも明るい電球となります。

撮影用途に合わせて照明を選ぶ

例えば電球や灯体の下に撮影対象を設置できるのであれば、どのような照明でも明るさを確保できるかも知れません。しかし機器の内部を撮影したり、周辺が暗い環境で撮影したりしたい場合、ファイバー照明によって任意の部位を照らさなければならないケースも想定されます。

適切な光量が確保されているほどカメラ撮影も容易になります。そのため、ハイスピードカメラ用の照明は撮影対象や条件といった用途に合わせて選ぶようにしてください。

THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。