【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラ(高速度カメラ)を扱う会社一覧 > シナノケンシ

シナノケンシ

シナノケンシが提案するのは、データロガーやモニタとパッケージ化された波形同期型ハイスピードカメラ。開発や製造の現場で発生するさまざまな現象を可視化して、問題解決に繋げます。

シナノケンシの
ハイスピードカメラ

プレクスロガー(PLEXLOGGER)PL3

シナノケンシの製品写真1
引用元:シナノケンシ公式HP(http://plextor.jp/plexlogger/products/shiyo_pl3.php)

ハイスピードカメラとデータロガー、モニタがパッケージになったオールインワンの波形同期型ハイスピードカメラの最上位モデルです。
高速映像と波形データを同期記録することで、評価、検証、不具合解析などの作業効率が向上します。また、解析ソフトウェアが標準装備のため、現象の原因究明と解析結果レポート・エビデンス作成まで1台で完結。SSDに直接記録すれば、最長14時間連続で撮影が可能です。

撮影速度(fps) 100,000fps(最大)
シャッター速度 1/100,000秒
解像度 1,280×1,024px
記録時間 250fps、VGA設定時 
通常記録:約150秒、
長時間記録:約1時間17分
感度(ISO) 記載なし
重量 490g(カメラヘッド)/1.9kg(本体ユニット)
メモリ 16GB

プレクスロガー(PLEXLOGGER)PL2

シナノケンシの製品写真2
引用元:シナノケンシ公式HP(http://plextor.jp/plexlogger/products/shiyo_pl2.php)

オールインワンの波形同期型ハイスピードカメラの中位モデルです。
撮影速度やシャッター速度などのスペックはPL3と共通で、映像や制御信号の変化を捉えて記録を行う自動記録トリガや、マルチカメラ機能によるサーモグラフィ撮影にも対応。
PL3と異なる点はメモリ(8GB)で、記録時間は250fps、VGA設定時でおよそ約80秒。データ保存先はCFカードかネットワークフォルダ(LAN使用時)となっています。

撮影速度(fps) 100,000fps(最大)
シャッター速度 1/100,000秒
解像度 1,280×1,024px
記録時間 250fps、VGA設定時:約80秒
感度(ISO) 記載なし
重量 490g(カメラヘッド)/1.8kg(本体ユニット)
メモリ 8GB

プレクスロガー(PLEXLOGGER)PL1

シナノケンシの製品写真3
引用元:シナノケンシ公式HP(http://plextor.jp/plexlogger/products/shiyo_pl1.php)

オールインワンの波形同期型ハイスピードカメラのエントリーモデル。
上位の2機種同様に、画像トリガ、アナログ信号トリガ、外部接点トリガの3種類の自動記録トリガを備えています。また、プレクスロガー(PLEXLOGGER)はシリーズ共通してCマウント規格レンズに対応。ボアスコープ(硬性内視鏡)やファイバースコープ(軟性内視鏡)などの工業用内視鏡も、オプションで装着することが可能です。

撮影速度(fps) 32,000fps(最大)
シャッター速度 1/50,000秒
解像度 640×480px
記録時間 250fps、VGA設定時:約30秒
感度(ISO) 記載なし
重量 180g(カメラヘッド)/1.8kg(本体ユニット)
メモリ 2GB

シナノケンシのハイスピードカメラは、汎用性のある機能が備わっており、且つコンパクトで持ち運びがしやすいことが分かります。
どんな業界や用途で使用するにしても、オーバースペックなものを導入して持て余すことのないよう、自社が求める性能を把握することが大切。以下ページではどの業界・用途にどれくらいの撮影速度が必要なのかを簡単に解説し、製造現場・研究開発・特殊撮影の3つのシーンごとにオススメの会社を紹介しています。

シナノケンシの
ハイスピードカメラの
活用事例

金属切削時の異常振動を可視化し、スピーディーな問題解決へ繋げる

※引用元:シナノケンシ公式YouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=Xp5tHO3bXzc&t=19s)

金属切削工程をハイスピードカメラとデータロガーで記録することで切削時の切粉の形状・排出状況や被削材の状態を確認すると同時に、加速度センサ信号によって切削の異常振動を、力センサで切削抵抗を検出します。
さらに、マイク信号で切削時異音と挙動を可視化することも可能。切削条件を変化させて記録を取ることでノウハウを蓄積すれば、品質向上や効率化に繋げることができます。

アーク溶接工程の状態変化を解析し、品質を改善

※引用元:シナノケンシ公式YouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=9-TiaibrpYE)

アーク溶接の工程を2000fps、シャッタースピード:1/100000で撮影したハイスピードカメラ映像です。溶接電流の波形データを同期させて可視化しています。
溶接池の動きやスパッタの飛散状況を溶接電流値とリンクさせて解析することによって、電流の変化に伴う溶接状態の変化が明確に。標準搭載されている解析技術によって溶接品質を向上させることが可能になります。

シナノケンシの特徴

数多くの納入実績を誇るハイスピードカメラを無料でレンタル可能

シナノケンシは、精密モータやドライバなどのモータソリューション、動作検証・解析ツールといった産業ソリューション、デジタル録音図書読書機器や補聴器といった福祉・生活支援機器の3事業を展開するメーカーです。
同社の波形同期型ハイスピードカメラは、様々な製造系企業をはじめ、JAXAや東京大学など、著名な研究機関にも納入されています。(2021年10月時点)
解析ソフトウェアを標準装備し、小型で軽量なため、設置も簡単。初めて導入する方に向けて、無償でのトライアル撮影にも対応しています。

参考:シナノケンシ公式HP(http://plextor.jp/plexlogger/case/record.php)

シナノケンシの会社情報

所在地 長野県上田市上丸子1078
営業時間 記載なし
電話番号 0268-41-1840
公式サイトURL https://jp.aspina-group.com/ja/
THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。