【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラ(高速度カメラ)の基礎知識 > 中古ハイスピードカメラについて

中古ハイスピードカメラについて

ハイスピードカメラを新品で購入するとなると、どうしても高額な費用が発生してしまいます。少しでも予算を抑えるために中古を検討する方もいるでしょう。このページでは、中古のハイスピードカメラのメリット・デメリットなどを分かりやすく紹介しています。ハイスピードカメラの購入を検討している方は参考にしてください。

ハイスピードカメラを中古で購入しても問題ない?

結論から言えば、ハイスピードカメラを中古で購入しても問題はありません。最新の機能にこだわらなければ、必要最低限度の性能はあり、よりリーズナブルに購入することができるでしょう。ただ、購入したことを後悔しないためにも中古のメリット・デメリットを把握することが大切です。

またハイスピードカメラと言っても、性能は商品よって様々。そのため中古を選ぶとしても、どのような性能があるかチェックすることも忘れないようにしましょう。しっかりと理解したうえで、必要な条件を満たしているハイスピードカメラを検討・購入してください。

中古ハイスピードカメラのメリット・デメリット

中古ならではのメリット・デメリットがあります。しっかりとメリット・デメリットを把握し、後悔のないようにしましょう。

メリット

費用を抑えて購入できる

中古のハイスピードカメラを購入する大きなメリットは、新品よりも手ごろな価格で入手できるという点です。ハイスピードカメラは新品だと高額な費用がかかるため、少しでも購入費用をかけたくない方や安価なハイスピードカメラが欲しい方に中古は向いているでしょう。

中古であっても状態のいい商品も多く、また販売されてから日が浅いものもあります。同じ型式のハイスピードカメラでも、新品と比較するとリーズナブルで入手できるケースも。

色々なメーカーの製品や機能を導入しやすい

新たな型式が発売されれば、旧式が発売中止になることもあるでしょう。そうなれば入手したいと思っても、中古市場でなければ手に入らないケースも多々あります。中古市場は、限定品のカメラ・希少性の高いカメラ・発売中止されたカメラでも出回っているケースもあるのです。

どうしても欲しいハイスピードカメラがある方、希少性の高いハイスピードカメラを収集しているという方に適しているでしょう。

対応しているレンズが豊富

基本的に中古のハイスピードカメラは発売してから時間が経過しているため、対応可能なレンズの種類が豊富に販売されているのも特徴的でしょう。カメラに凝ってしまえば、もっと理想的な写真・動画を撮りたいと思うはず。

そのためにはレンズも重要になるため、様々なタイプのレンズが入手できるのはメリットになります。もっと色んな雰囲気の写真を撮影したいという方に中古のハイスピードカメラは適しているでしょう。

デメリット

機能・性能が最新のカメラと比べて劣る場合がある

中古を購入する際の大きなデメリットは、最新型のハイスピードカメラよりも機能や性能が劣ってしまう可能性があるという点です。最新のハイスピードカメラであれば、従来のタイプにはない機能・性能が搭載されているケースが多く、そういった性能・機能は最新型の特権ともいえるでしょう。

ただ基本的に通常の撮影を行う上では、中古の機能・性能でも全く問題はありません。レンズを交換することで、撮影の幅を広げることも可能です。そのため、よほどの撮影を行う状況でない限り中古のハイスピードカメラでも大丈夫でしょう。

不具合が生じるリスクが高く

中古市場には、様々な状態のハイスピードカメラが存在しています。凄く状態の良い「美品」と呼ばれるものから、著しく劣化している粗悪品まであるため状態を見極めたうえで購入することが大切です。もし粗悪品を選んでしまえば、購入してもスグに故障してしまう可能性があるでしょう。中古のハイスピードカメラを購入する際には価格だけで判断せずに、古すぎるものは避けた方が良いかもしれません。

また中古品を取り扱うショップの中には不具合が生じた際に保証しているケースもあるので、そういったショップを選ぶのも一つの手です。

初心者には扱いにくいケースも

ハイスピードカメラの取り扱いに慣れていない方であれば、中古だと思うように撮影できないこともあるでしょう。それは新しい機種の方が理想的な撮影ができるよう自動で制御する機能が搭載されているケースが多いためです。カメラが光などを自動で読み取り、どのようなアングルが適切なのか判断してくれるタイプもあります。

中古のハイスピードカメラだと自動機能などが搭載されていない可能性もあり、全て自分で撮影の設定を行わなければなりません。そのためハイスピードカメラに詳しくない方にとっては、撮影のハードルが高くなる可能性もあるので注意しましょう。

中古ハイスピードカメラはどこで購入できる?

いざ中古のハイスピードカメラを購入したいと思っても、どこで販売しているのか分からない方もいるでしょう。ここでは具体的に中古のハイスピードカメラを取り扱っているショップを紹介します。

中古ハイスピードカメラ販売店

中古ハイスピードカメラを取り扱っている販売店に、足を運び購入する方法があります。自身で直接状態などをチェックできるだけでなく、ハイスピードカメラに詳しいスタッフに直接質問や相談できるなどのメリットが挙げられるでしょう。

インターネットで購入するのは不安な方や、自分の目で確認したい方に適した購入方法です。ただ近くに店舗がない場合には手間がかかってしまうため、別の方法が良いかもしれません。

中古ハイスピードカメラ販売サイト

中古のハイスピードカメラはネットで数多く販売されています。実店舗を持っているショップがオンラインでの販売を行っているケースもあれば、オンラインだけで販売しているケースもあるでしょう。オンラインで購入する大きなメリットは気軽さです。時間が空いているときに販売サイトを確認し、気に入った中古のハイスピードカメラを購入するだけ。わざわざ店舗まで足を運ぶ必要もありません。

また数多くのハイスピードカメラが取り扱っているので、自分にピッタリな中古品も見つかりやすいでしょう。ただ実物の状態を自分で確認できないというデメリットも。そのため商品説明をチェックし、画像が多く掲載されているものを選ぶ方が安心です。

ネットオークション

中古ハイスピードカメラもオークションに出されているケースもあります。ネットで簡単に誰もがオークションに参加可能です。オークションの流れや登録方法などはオークションサイトによって異なるため、オークションに参加する場合はサイトの指示に従いましょう。 オークションを活用する大きなメリットは、掘り出し物が見つかる可能性があるという点です。ショップやサイトでは出回らない中古品も取り引きされており、希少性の高いハイスピードカメラを購入したいと考えている方に向いているでしょう。

ただサイト同様に実物が手に取れないというデメリットも。出品されたときの画像と実際の状態が異なるなどのトラブルも起こりやすいので注意してください。もしオークションで落札したい場合には「様々な画像が数多く掲載されている」「説明文が詳細に書かれてある」などの商品を選ぶと良いでしょう。

販売店舗・サイトの選び方のポイント

せっかくハイスピードカメラを購入したにも関わらず、すぐに故障したなどのトラブルに巻き込まれることもあるでしょう。ここでは販売店舗や販売サイトを選ぶポイントを紹介するので、購入する前にチェックしてください。

アフターフォローの有無を確認する

中古のハイスピードカメラに故障などが発生した際、活用できるアフターフォローを用意しているショップもあります。ただ保証する期間・内容などはショップによって異なるため、購入する前にショップに問い合わせる、サイトをチェックしておきましょう。

ただ保証を受ける場合には基本的に保証書やレシートなどの書類が必要となるため、万が一に備えて保管することが大切です。

販売店舗・サイト・業者の質を確認する

中古品を取り扱っている業者の中には、粗悪品を売りつけるような悪徳業者も存在しています。とくにサイトでは実物をチェックできないので、画像と実物が異なるというケースもあるでしょう。そう言った業者に騙されないためにも、口コミサイトなどで口コミをチェックするのもアリです。サクラの場合もあるので、あくまでも参考程度にしておいてください。

また販売実績の多さなども確認しておくと安心です。販売サイトやオークションで購入する場合には、より慎重に購入先の質を確かめておきましょう。

まとめ

ハイスピードカメラの購入は高額になってしまうため、どうしても予算的に難しいというケースもあるでしょう。そんな方なら中古品が適しています。ただ中古品を選ぶ際には本当に求める機能が搭載されているのか、状態は大丈夫か、などをチェックしましょう。より気に入ったハイスピードカメラを見つけるためにも、慎重に選んでくださいね。

さまざまなハイスピード
カメラを
扱っている会社一覧

THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。