【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラ(高速度カメラ)の基礎知識 > ハイスピードカメラはカラーとモノクロモデルのどちらが良い?

ハイスピードカメラはカラーとモノクロモデルのどちらが良い?

ハイスピードカメラには、カラーとモノクロがあります。普通のデジカメなどでは、モノクロ撮影ができる機能はあっても、ほぼカラーが基本となっています。では、なぜハイスピードカメラには、カラーとモノクロがあるのでしょうか。そこには、さまざまな事情があるのです。

モノクロモデルの利用が大半

カラーとモノクロのどちらかを選択する場合、一般的に言えば多くの人がカラーを選択するでしょう。それは、「色」という重要な情報が入っていることによります。

しかしハイスピードカメラの場合には、すべてのメーカーがそうではありませんが、多くがモノクロで、モノクロ機種が90%程度を占めているメーカーもあるほどです。カラーの機種を使用しているのは、テレビなどのメディア関係などが多く、より多くの人に「見せるため」の画像を提供する目的が多いようです。一方で、使用用途の大部分を占める研究用や製造現場での使用の場合、色を識別する必要がある用途以外では、ほぼモノクロが主流です。その理由としては、メディア関係とは違い、娯楽などの目的で多くの人に見せる必要が無いこと、また、カラーとモノクロの性能の違いによるものです。

カラーだとデメリットとなることもある

では、ハイスピードカメラにおけるカラーとモノクロの違いは何でしょうか。もちろん、色を表現するかしないかの違いはありますが、それ以外に性能に関する違いがあるのです。

それは、カラーを表現する技術にあります。デジタルでカラーを表現する場合には、1つのピクセルにカラーフィルターを乗せますが、三原色であるR(レッド)・G(グリーン)・B(ブルー)の3種類のフィルターを1つのピクセルに乗せることができません。そこで、1つのピクセルに1つの色だけを乗せて、そのほかの色は予測値により色を表現するのです。

このことによって、カラーを表現するためにはモノクロの4分の1の解像度になってしまうのです。モアレも多く発生し、鮮明さも失われることがあります。このようなことから、多くのユーザーがモノクロのハイスピードカメラを選択しているのです。

まとめ

ハイスピードカメラはカラーとモノクロがありますが、モノクロが主流となっています。その理由は、モノクロのほうが解像度性能に優れているからで、購入時には、慎重にスペックを検討することをおすすめします。

さまざまなハイスピード
カメラを
扱っている会社一覧

THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。