【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラ(高速度カメラ)を扱う会社一覧 > ウェルドビジョン

ウェルドビジョン

このページでは、ウェルドビジョンの溶接映像を撮影できるハイスピードカメラについて紹介しています。

ウェルドビジョンのハイスピードカメラ

Eosensシリーズ

Eosensシリーズは、低コストながら110fps・500fpsの高速撮影ができるハイスピードカメラです。画素数も1280×1024と申し分なく、小型でポータビリティも高い便利なカメラと言えるでしょう。
フレームサイズを抑えることで、最大120,000fpsまで対応できる高速撮影の機能を実現。ダイナミックレンジの調整機能も付いており、露出がオーバー状態にある画面でも、再チャージでダイナミックレンジを拡大することができます。

撮影速度(fps) 110fps、500fps、最大120,000fps
シャッター速度 記載なし
解像度 1280×1024
記録時間 記載なし
感度(ISO) モノクロ2500ASA、カラー2000ASA
重量 300g
メモリ 記載なし

参考:ウェルドビジョン公式HP(http://www.weldvision.jp/highspeed)

ウェルドビジョンのハイスピードカメラは、最高撮影速度が120,000fpsと、コンパクトながら高性能であることが分かります。
どんな業界や用途で使用するにしても、オーバースペックなものを導入して持て余すことのないよう、自社が求める性能を把握することが大切。以下ページではどの業界・用途にどれくらいの撮影速度が必要なのかを簡単に解説し、製造現場・研究開発・特殊撮影の3つのシーンごとにオススメの会社を紹介しています。

ウェルドビジョンのハイスピードカメラの活用事例

溶接作業の現場

※引用元:ウェルドビジョン公式YouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=SVZuqBr8W9U)

カメラ機器の販売店ウェルドビジョンが取り扱うハイスピードカメラは、重工業や鉄鋼業など、産業分野で多様されています。実際に小型低コスト機種であるEosensシリーズの事例では、溶接作業の様子を高速度撮影しています。これにより、現場の導入事例を確認することができるようになっています。

溶接に特化している監視カメラの販売も手がけているウェルドビジョンだからこそ、ハイスピードカメラの導入でも溶接作業のモニタリングシステムとして提案しています。

電車撮影の実例

※引用元:ウェルドビジョンYouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=9ayDTr2Rk_8)

低コストのハイスピードカメラとして知られるEosensシリーズは、手軽なテスト撮影にも向いています。例えば、動画の事例では電車の走行を撮影していますが、ハイスピードカメラに求められる高速撮影がしっかりと実装されていることがわかります。

解像度130万画素で最大120,000fpsでの撮影ができるEosensシリーズは、産業分野の本格的な導入はもちろん、手軽な撮影でも興味がある方がいらっしゃるのではないでしょうか。小型のため、使いやすいカメラと言えるでしょう。

ウェルドビジョンの特徴

溶接の映像機器を取り扱う

ウェルドビジョンは、溶接作業の撮影に優位性がある映像機器を取り扱っている企業。溶接を可視化し、映像化することで期待される品質向上のために、ハレーションなしに撮影できる専用の撮影機器はもちろん、ハイスピードカメラの導入も実績があります。

高速撮影ではEosensシリーズの販売を手がけており、実際にレーザーハイブリット溶接の様子を、照明器具なしにハイスピードカメラで撮影した映像も公開しています。ぜひチェックしてみてください。

ウェルドビジョンの会社情報

所在地 神奈川県横浜市西区桜木町7-42八洲学園大学ビル7F-H
営業時間 記載なし
電話番号 045-620-9636
公式サイトURL http://www.weldvision.jp/
THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。