【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラ(高速度カメラ)を扱う会社一覧 > アムテックス

アムテックス

このページでは、アムテックスの赤外線高速度カメラ(ハイスピードカメラ)について紹介しています。

アムテックスのハイスピードカメラ

VELOX 2949k M

アムテックスの製品写真1
引用元:アムテックス公式HP(https://www.amtechs.co.jp/product/unique/IR-cam/ircam/post-378.html)

アムテックス社が供給しているハイスピードカメラは、「IRCAM」の分野、つまり赤外線高速度カメラになります。この分野のハイスピードカメラは、高速の温度測定や接着、また遺物検査などの現場で導入されており、アムテックス社の「VELOX 2949k M」も同様に、100Hzものフルフレームレートで撮影を行うことができます。
また、VELOX 2949k Mの注目すべきポイントとしては、3.6μm~4.9μmという「MWIRスペクトル範囲」の感度で高精細な撮影ができることもあげられます。

撮影速度(fps) Fullframe rate 100 Hz
シャッター速度 記載なし
解像度 1920 x 1536ピクセル
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 5kg以下
メモリ 記載なし

VELOX 1310k SM/M

アムテックスの製品写真2
引用元:アムテックス公式HP(https://www.amtechs.co.jp/product/unique/post-377.html)

アムテックス社が供給している、「IRCAM」です。赤外線高速度カメラとして追加オプションを搭載することにより、1.5μm~5.5μmという拡張「MWIRスペクトル範囲」の撮影を行うことができます。もちろん、VELOX 2949k Mと同様に、100Hzフルフレームレートで録画が可能です。
VELOX 2949k Mよりも、さらに高速熱プロセスでのアプリケーションができることが、VELOX 1310k SM/Mの特徴です。

撮影速度(fps) Fullframe rate 100 Hz
シャッター速度 記載なし
解像度 1280 x 1024ピクセル
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 5kg以下
メモリ 記載なし

アムテックスのハイスピードカメラは、赤外線計測機能に強みがあることが分かります。
どんな業界や用途で使用するにしても、オーバースペックなものを導入して持て余すことのないよう、自社が求める性能を把握することが大切。以下ページではどの業界・用途にどれくらいの撮影速度が必要なのかを簡単に解説し、製造現場・研究開発・特殊撮影の3つのシーンごとにオススメの会社を紹介しています。

アムテックスのハイスピードカメラの活用事例

アムテックスの活用事例は見つかりませんでした。

アムテックスの特徴

多様な分野での導入

アムテックスが手がけている赤外線撮影に対応したハイスピードカメラは、産業分野における溶接や切削、接着などに関する、技術解析や検査目的での使用が多いようです。微細なデータを解析できることから、研究開発分野でも赤外線撮影ができるハイスピードカメラが導入されています。

また、近年あらためて注目されている二酸化炭素ガスの漏れや流れ、気流の可視化といった解析目的でも、ハイスピードカメラ が使用されています。

海外の精密検査機器も手がける

東京都世田谷区に本社をおく株式会社アムテックスは、1987年に設立された精密検査機器の取り扱い店。主な取引先には「宇宙航空研究開発機構」や「東京大学」など、日本を代表する研究機関やメーカーがあります。

日本国内はもちろん、アメリカ、カナダなど世界各国の設備を取り扱っており、ハイスピードカメラの分野では、「IRCAM」、すなわち赤外線高速度カメラを供給しています。そのほか、RFやマイクロ波などの機器も主要分野です。

アムテックスの会社情報

所在地 東京都世田谷区経堂5丁目20番16号
営業時間 記載なし
電話番号 03-5450-5311
公式サイトURL https://www.amtechs.co.jp/
THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。