【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラ(高速度カメラ)の基礎知識 > 知っておきたい「ものづくり補助金」について

知っておきたい「ものづくり補助金」について

このページでは、ハイスピードカメラの導入に活用できる「ものづくり補助金」について解説しています。補助金の特徴や流れを押さえて、しっかりと制度を活用していきましょう。

ものづくり補助金とは?

ものづくり補助金とは、国の「ものづくり補助事業」が公募している助成金制度です。中小企業などを対象に、社会における生産性の向上に大きな成果を見込むことができるような、革新的なサービスや試作品の開発、また生産プロセスなどの改善を行うため、設備投資を支援しています。

活用事例としても、カフェや果樹園、寝具店など多様な実績があり、「食べられる食器の製造機械」や「急速冷凍機」、さらには「寝心地を計測できるセンサー」など、ユニークな設備投資が実現しています。

「ものづくり補助金」は知名度も高く、応募件数が多い人気の助成制度です。助成に至るには審査があり、採択率はおよそ3、40%ほどとなっています。(2021年10月時点)申請の時期はもちろん、申請書類の書き方なども重要なポイントになっています。

ハイスピードカメラの導入も、「ものづくり補助金」の想定に入ってくると考えられます。国の制度をしっかりと活用して、生産性の向上を実現していきましょう。

申請の流れ・必要な条件

ものづくり補助金の申請は、事業計画書を作成するところから始まります。年間スケジュールではいくつかの締め切りが設けられていますので、公募が始まりしだい申請書を提出しましょう。審査後、採択通知が送られてきますので、それをもって交付申請および交付決定となります。

補助事業期間では、実際に事業を実施することはもちろんですが、中間検査や実績報告も念頭に事業を進めることがポイントです。その後、確定検査に通り次第、補助金の請求・支払いとなります。
また、交付後にも事業化の状況報告として、5年間は毎年事業報告を報告する必要があります。ものづくり補助金に限らず、補助制度では提出書類をしっかりとこなすことが欠かせないので、流れを押さえて、不備がないように進めましょう。

他の公的支援制度

ものづくり補助金と並んで「三大補助金」として知られているのが、小規模事業者持続化補助金およびIT導入補助金です。

小規模事業者持続化補助金は、「自社の商品をPRしたい」「ブランディングを行いたい」「ウェブサイトを開設したい」といった用途で、小規模事業者が活用できる制度。上限は原則50万円で、補助率は2/3になっています。

「IT導入補助金」は、中小企業のITツール導入を補助する制度です。テレワークツールなどにかかる費用を助成し、生産性の向上を図ることができます。バックオフィス業務の効率化など、中小企業が抱えている課題の解決に役立てることができるのです。

知っておきたいハイスピードカメラの基礎知識

BtoB向けのハイスピードカメラは個人向けのよりもコストは高め。そのため、選定はどうしても慎重にならざるを得ないでしょう。製品のスペックや性能を比べることも大事ですが、それよりも前に検討する上で知っておきたい基礎知識をまとめています。補助金以外の情報も知りたい方は参考にしてみてください。

THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。