【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラの用語集 > 露光時間

露光時間

このページでは、ハイスピードカメラの撮影条件などを設定する上で重要ポイントになる「露光時間」について解説しています。露光時間の変化による影響を理解して、ハイスピードカメラの活用メリットを追究していきましょう。

露光時間とは?

露光時間とは、文字通りカメラのフィルムやセンサー/映像素子を「光」に露出させる時間を指します。デジタルカメラを搭載しているハイスピードカメラの場合、映像素子へどれくらいの時間、光を露光するか調整することで、画像や動画の明るさを変更することが可能です。

単純にいえば、露光時間が長くなればなるほど得られる画像や映像は明るくなり、露光時間を短くすると画像や映像は暗くなります。そのため、もしも撮影した画像が暗くて見づらいと感じられれば、露光時間を長めに設定することで解決するかも知れません。

なお、画像や映像の明るさを変更するためには、露光時間の他にISO感度を調整するといった方法もあります。

露光時間が短いとどうなる?

露光時間が短くなると画像は暗くなる

露光時間が短いということは、映像素子に取り込める光の量が少ないということになります。そのため、同じ光量/照度の条件下で露光時間を短くした場合、必然的に撮影できる画像や映像は暗くなるということがポイントです。

露光時間が短くなると撮影のブレが減る

露光時間が短いということは瞬間的に撮影しているということです。

言い換えれば、移動したり振動したりしている対象を撮影する場合、露光時間が長くなると画像がぶれたりぼやけたりといった状態になるため、適切な露光時間を調整しなければなりません。

露光時間とシャッタースピードは違うもの?

カメラにおけるシャッターの役割とは、文字通り「外からの光をシャットアウトする」というものです。

シャッターが開いている間、光は映像素子やフィルムに入り込み、シャッターが閉じれば光が遮断されます。そのため、露光時間を短くしようとすればシャッターが開いて閉じるまでの速度(シャッタースピード)を速くすることが必要です。

逆に長時間の露光を必要とする場合、シャッタースピードを無制限(開放状態)にすることもあります。

被写体の速度や撮影条件に対応したカメラを選ぼう

シャッタースピードを速くして露光時間が短くなれば、得られる画像の明るさは暗くなります。しかし高速で移動したり振動したりする対象物を正確に撮影したい場合、少なくとも撮影対象が動く速度以上のシャッタースピードで撮影しなければなりません。

そのため、ハイスピードカメラで理想的な撮影データを得ようとすれば、明るさを保つために十分かつブレないシャッタースピードを設定することが重要となります。

さまざまなハイスピード
カメラを
扱っている会社一覧

THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。