【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラ(高速度カメラ)を扱う会社一覧 > アルゴ

アルゴ

このページでは、アルゴの産業用ハイスピードカメラについて紹介しています。

アルゴのハイスピードカメラ

Cycloneシリーズ

アルゴの製品写真1
引用元:アルゴ公式HP(https://www.argocorp.com/cam/CoaXpress/Optronis_Cyclone/Cyclone.html)

「Optronis」社が開発したハイスピードカメラ「Cyclone」シリーズは、高速撮影はもちろん、高解像度が特徴。データ通信速度は50Gbpsという高速広帯域を実現しています。これにより、画像出力ではリアルタイムで高速マシンビジョンを実現。様々なアプリケーションにも対応できるようになっています。
高画素撮影を行ったハイスピードカメラを、リアルタイムで処理したいシーンで、非常に頼もしいハイスピードカメラと言えるでしょう。

撮影速度(fps) 最大250,000fps
シャッター速度 記載なし
解像度 9344×7000、
5120×5120、
4672×3416、
2560×1920、
1920×1080、
1280×860
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 記載なし
メモリ 記載なし

HBシリーズ

アルゴの製品写真2
引用元:アルゴ公式HP(https://www.argocorp.com/cam/25GigE/EVT/EVT.html)

ハイスピードカメラ「HBシリーズ」の開発元は、カナダにある「Emergent Vision Technologies」社。特徴は、25Gbpsという広帯域インターフェイスを実装していることにより、ハイスピード撮影の高速データ転送が可能な点です。
HBシリーズはとりわけスポーツの実況中継などに実績があり、SONY社の傘下にある「ホーク・アイ・イノベーションズ」の画層処理システムと組み合わせることで、複数のハイスピードカメラの同期運用が実現しています。

撮影速度(fps) 1594fps~35fps
シャッター速度 記載なし
解像度 50万画素~6500万画素
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 記載なし
メモリ 記載なし

VLXTシリーズ

アルゴの製品写真3
引用元:アルゴ公式HP(https://www.argocorp.com/cam/10GigE/VLXT_baumer/VLXT_all.html)

ハイスピードカメラ「VLXTシリーズ」の特徴は、機種によっては最大6500万画素の高解像度センサーを備えている点です。製造品質の徹底的な管理により、それぞれの機体の個体差も小さく、高速撮影のシステム構築を安定させることもできます。
開発元はバウマー社。高耐熱設計はもちろん、防水・防塵ハウジングが施されているため、多湿環境でも対応可能。ハードな製造現場でも導入を検討することができます。

撮影速度(fps) 1578fps~18fps
シャッター速度 記載なし
解像度 9344×7000~800×620
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 記載なし
メモリ 記載なし

CPシリーズ

アルゴの製品写真4
引用元:アルゴ公式HP(https://www.argocorp.com/cam/CoaXpress/Optronis/Optronis.html)

「Optronis」社が開発元のハイスピードカメラ「CPシリーズ」は、最大200,000fpsもの高速度撮影をこなしながら、高画素が求められる撮影シーンでは、フレームレートを落とすことで、最大2500万画素もの高解像度撮影が可能です。

また、25Gbpsもの高速広帯域データ転送を実現する「CoaXPressインターフェイス」も実装。様々なアプリケーションに対応できます。CMOSセンサを搭載していることも見逃せません。

撮影速度(fps) 19789fps~72fps
シャッター速度 記載なし
解像度 5120×5120~192×192
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 記載なし
メモリ 記載なし

HR/HTシリーズ

アルゴの製品写真5
引用元:アルゴ公式HP(https://www.argocorp.com/cam/10GigE/EVT/EVT.html)

カナダのEmergent Vision Technologies社が開発元のハイスピードカメラ「HR/HTシリーズ」は、低CPU・低レイテンシー・低ジッター、マルチカメラへの適合性、光ケーブルを用いたケーブル長などの特徴があります。
専用10GigEボード、SFPケーブル、電源、GPIOも一式で可能です。

撮影速度(fps) 19789fps~72fps
シャッター速度 記載なし
解像度 5120×5120~192×192
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 記載なし
メモリ 記載なし

VCXU-02M/VCXU-02C

アルゴの製品写真6
引用元:アルゴ公式HP(https://www.argocorp.com/cam/usb3/VCXU_baumer/VCXU-02.html)

「Baumer」社が開発したハイスピードカメラ「VCXU-02」。30万画素・891fpsの撮影機能を備えながら、重量はわずか90gと非常に小型。大容量内部メモリバッファを搭載しています。

小型でも動作は非常に安定しており、確実なデータ転送を実現。シーケンサーを活用した自律タスク制御ができることもポイントです。放熱設計にも新たな改善が施されているため、温度環境耐性も向上しています。モノクロ・カラーいずれも対応可能です。

撮影速度(fps) 891fps
シャッター速度 記載なし
解像度 640×480
記録時間 記載なし
感度(ISO) 記載なし
重量 90g
メモリ 大容量内部メモリバッファ搭載

アルゴのハイスピードカメラは、高性能な米国のカメラを扱っていることが分かります。
どんな業界や用途で使用するにしても、オーバースペックなものを導入して持て余すことのないよう、自社が求める性能を把握することが大切。以下ページではどの業界・用途にどれくらいの撮影速度が必要なのかを簡単に解説し、製造現場・研究開発・特殊撮影の3つのシーンごとにオススメの会社を紹介しています。

アルゴのハイスピードカメラの活用事例

アルゴの活用事例は見つかりませんでした。

アルゴの特徴

汎用性が高いラインナップ

アルゴが販売するハイスピードカメラのラインナップは、「汎用性の高さ」がキーワードになっています。そのため導入実績も多様な分野にわたっており、ソーラーパネルのガラス検査、生体データの3Dスキャンシステム、産業用ロボットアームの取り付け部分におけるメインカメラなど、分野を選びません。
産業用ハイスピードカメラの分野で高い優位性がある取り扱い店だからこそ、多様なニーズに対応できるポテンシャルがあります。

アルゴの特徴

日本に少ない技術を世界から導入

アルゴは、産業分野で活用されている様々な画像機器をメインに、計測ユニットや特殊センサ、ソフトウェアなど、世界中から優れた技術を日本に供給しています。とりわけ次世代の技術を導入していることが特徴。カーボンニュートラルや次代の自動化技術など、日本にはまだ少ない製品を紹介しています。
時代に対して、半歩先をいく精神がモットー。だからこそ、日本にはまだ浸透していない新しい技術を、世界中から集めてくることが可能です。

アルゴの会社情報

所在地 大阪府吹田市江坂町1丁目13-48 インタープラネット江坂ビル9F
営業時間 記載なし
電話番号 06-6339-3366
公式サイトURL https://www.argocorp.com/
THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。