【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラの導入・活用事例 > 製造ラインへのハイスピードカメラ導入事例

製造ラインへのハイスピードカメラ導入事例

このページでは、製造ラインへハイスピードカメラを導入することで得られるメリットや、実際に製造ラインへハイスピードカメラを導入した事例などを解説しています。ハイスピードカメラを導入する際の参考にしてください。

ハイスピードカメラで解決できること

製造ラインへハイスピードカメラを導入することで、リアルタイムで製造ラインの状況を把握し、トラブルが発生した際には原因の分析を行うこともできます。

例えば、スーパースローモーション動画によって、高速で稼働する産業機械の細部を確認したり、問題箇所を発見したりすることができます。また、高速画像処理アルゴリズムなどを併用すれば、通常とは異なる状態を自動的に検知して、その前後の瞬間をハイスピードカメラで撮影するといったことも可能です。

導入・活用事例

パーツフィーダの搬送×PhotoCam Detector

※引用元:フォトロンYouTube
(https://youtu.be/HfSYOK0yVGM)

製造ラインにおいてパーツフィーダによる部品の自動搬送を行うポイントに、ハイスピードカメラを導入して小型部品が搬送される際の異常を検知している事例です。

ライン上に異物が侵入したり、搬送中の小型部品が不自然に跳びはねたりした際に、ハイスピードカメラで撮影して分析することで製造ラインのトラブルを正確に把握できるようになります。また、判明した原因に応じて今後のリスク管理を検討できることも重要でしょう。

チップコンデンサの搬送×PhotoCam Detector

※引用元:フォトロンYouTube
(https://youtu.be/Uf9tqqoKXP8)

チップコンデンサの搬送ラインにおいて、ハイスピードカメラを導入することで吸着時のトラブルの有無を検証した事例です。

チップコンデンサの吸着ミスが発生したタイミングで自動的にハイスピードカメラが撮影を保存し、その前後の状況を正確に記録します。吸着ミスの発見にはモーションサーチを活用して、通常の動作とは異なる反応が発生した際に、その差違を撮影のきっかけにすることが可能です。また状況分析によるリスクの解析も行えます。

ドリルのブレ量解析×PhotoCam Detector

※引用元:フォトロンYouTube
(https://youtu.be/6aLgY-yBBDc)

機械加工装置としてドリルを利用している製造ラインにおいて、ハイスピードカメラを導入することでドリルの振動量やブレ量の解析に活用した導入事例です。

高速で回転するドリルが本来に定められている場所からずれてしまい、正確な穴あけ加工を行えない可能性や問題について検証します。検出方法としてはドリルの振動量を数値化し、指定量を超えてブレが発生した際に、それをイベントとして検知し、カメラによる撮影・記録をスタートさせます。

溶接のビード幅解析×PhotoCam Detector

※引用元:フォトロンYouTube
(https://youtu.be/eoteFTdMbvk)

製造ラインにおける溶接作業に関して、溶接ポイントの位置や溶接幅(ビード幅)を数値化して、規定値の範囲を上回ったり下回ったりした場合にイベントとして検知し、ハイスピードカメラによる映像記録を行った事例です。

ビード幅が大きすぎる場合、溶接速度が遅かったり温度が高すぎたりする可能性があり、ビード幅が狭すぎる場合は溶接品質が低下している可能性があります。ハイスピードカメラによる多角的な情報分析を行えます。

生産現場×SpeederV2

※引用元:フォトロンYouTube
(https://youtu.be/BWxEgEc36JI)

生産現場の製造ラインにおいて、様々なトラブルの原因や状況をスーパースローモーション撮影が可能なハイスピードカメラを導入して撮影・分析している事例です。

トラブルはいつどのタイミングで発生するか分からないものであり、長時間のスーパースローモーション撮影によって不定期に発生する問題の撮影チャンスを逃さずに記録できる可能性が高まります。また、高速撮影を行うことで、人の目に見えない速度の製造工程も可視化できます。

さまざまなハイスピード
カメラを
扱っている会社一覧

THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。