【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラの用語集 > 撮影速度(FPS)

撮影速度(FPS)

カメラを選ぶ際、必ずFPSや撮影速度という文言を目にするはずです。このページでは、撮影速度(FPS)の意味や数値の差について紹介しています。

撮影速度(FPS)とは

FPSはframes per secondの略でフレームレートと呼ばれ、これは1秒間の動画が静止画の枚数を示す単位のことです。例えばパラパラ漫画をイメージすると、パラパラめくる絵の枚数が少なければ不自然な動きになり、枚数が多ければ非常にスムーズな動きになるでしょう。そのためFPSが高いほど滑らかな動画になります。

1fps・3fps・24fps・25fps・30fps・50fps・60fps・120fpsなどと表記され、たとえば30fpsなら1秒間に30コマで記録されている状態です。基本的に人の目で見たとき、スムーズに思える動画は、24から30fps程度とされており、日本のテレビの場合30fpsに設定されています。そのため日本人にとって、30fpsのフレームレートであれば違和感はほとんど覚えないでしょう。

フレームレートの数値の差は?

フレームレートの数値が高くなればなるほど、なめらかな動画になってきます。

例えば100メートルを世界記録である9秒9で走った動画を撮影するときを考えていきましょう。

  • 1fpsで撮影すると、基本的に9コマの静止画を集めた動画
  • 5fpsで撮影すると、基本的に49コマの静止画を集めた動画
  • 30fpsで撮影すると、基本的に297コマの静止画を集めた動画

フレームレートの数値によって、上記のような違いが出てきます。

フレームレートによる一般的な用途

フレームレートによって、一般的な用途が異なってきます。

  • 3~5fps:一般的な防犯カメラや監視カメラなど
  • 24fps:映画など
  • 25fps:欧州のテレビやDVD(PAL圏内)など
  • 30fps:日本のテレビやDVD(HTSC圏内)など
  • 50fps:欧州の4K・8KテレビやDVD(PAL圏内)など
  • 60fps:日本の4K・8KテレビやDVD(HTSC圏内)など
  • 120〜240fps:一部のスポーツ用のカメラやゲーム・3D映画など

動画のフレームレート設定は高いほど良い?

動画のフレームレートが高ければ高いほど、スムーズな綺麗な動画が撮影できるのは事実です。しかし高いほど良いというわけではありません。フレームレートが高いことで、デメリットもあるため注意が必要になってきます。

データの容量が大きくなる

上記でも伝えたように、フレームレートが高くなれば1秒間のコマ数も増えてしまい、データの容量も必然と大きくなってしまいます。データ容量が大きくなってしまうと、ネット回線にも負荷がかかることも。そのため保存やアップロードに時間を要し、スムーズの再生ができないなどのトラブルが生じてしまうこともあるでしょう。

画質が劣化することもある

動画ファイルの容量を変更せずに、フレームレートを高くすれば、コマ数が増えるため、1枚当たりに使用できる容量が減ってしまいます。そのためスムーズな動画に関わらず、画質が劣化し、粗い状態の画像になるでしょう。つまりファイルの容量に応じて、画質とフレームレートを調整することが大切です。

THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。