【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラの導入・活用事例 > スポーツ分野における
ハイスピードカメラの
導入事例

スポーツ分野における
ハイスピードカメラの
導入事例

このページでは、スポーツ分野におけるハイスピードカメラやスーパースローモーション撮影の導入事例をまとめて紹介しています。スポーツサイエンスの領域でハイスピードカメラがどのように役立つのか改めて把握しておきましょう。

ハイスピードカメラで解決できること

例えば高速で走る陸上選手の動きをハイスピードカメラで撮影すれば、スタート板や地面を蹴る足の筋肉の動きやフォームの正確さを検証できるかも知れません。あるいは野球においてバッターのスイングをスーパースローモーション撮影することにより、バッドのどの位置にボールが当たることで打球の飛距離を伸ばせるのか確認することもできるでしょう。

スポーツサイエンスの領域において、ハイスピードカメラの導入で得られるメリットは少なくありません。

導入・活用事例

ランニングシューズ×ハイスピードカメラ(フォトロン)

※引用元:フォトロンYouTube
(https://youtu.be/bK3LQ5E_PVg)

陸上競技において、ランニングシューズの選択は選手のパフォーマンス向上に重要なポイントとなります。この映像は、ランニングシューズを履いている状態と素足の状態で、走行中の足にどのような影響の違いが生じるのかハイスピードカメラで撮影し、筋肉の動きなどを検証している事例です。

ランニングシューズがあることで、選手の筋肉が保護されているか確認することができました。また、衝撃発生時のシューズの状態検証にも役立ちます。

サッカー×ハイスピードカメラ(フォトロン)

※引用元:フォトロンYouTube
(https://youtu.be/jyoq9H5ToLo)

サッカーのフリーキックの場面をハイスピードカメラによってスーパースローモーション撮影した事例です。

選手の足のどの部分で、ボールのどの位置をキックするかで、ボールがどのように変形し、どの方向へ飛んでいくのか科学的に検証することが可能となります。また、フリーキックの場面を高速撮影した場面はエンターテインメントの題材としても魅力的であり、テレビのサッカー番組などでも素材として利用されることがあるでしょう。

陸上競技×ハイスピードカメラ(フォトロン)

※引用元:フォトロンYouTube
(https://youtu.be/vRpnklm5X6M)

陸上トラック競技において、スタートの瞬間をハイスピードカメラで撮影した導入事例です。

トラック競技の中でも特に短距離走はスタートの正確さが重要であり、より効率的かつ正確なスタートフォームを検証することは記録の向上に欠かせないポイントです。ハイスピードカメラを活用することで、スタート板を蹴る際の選手の状態やフォームを分析し、どのようなスタートの仕方であれば効率的に記録を短縮できるか比較検討することができます。

弓道×ハイスピードカメラ(フォトロン)

※引用元:フォトロンYouTube
(https://youtu.be/sV93GUmiSsI)

弓道において、弓を引いてから矢を放つまでの流れをハイスピードカメラで撮影し、さらに的へ向かって飛んでいく矢の状態も合わせて撮影した事例です。

矢を放つ際の挙動や反動などを細かく確認することができ、さらに空中で矢がどのような状態になっているのか視覚化できることもポイントです。弓道における一連の動きを改めて確認して、それぞれの段階でどのような注意点があるのか具体的に考えられることは、スポーツサイエンスの分野で重要でしょう。

スキー×ハイスピードカメラ(フォトロン)

※引用元:フォトロンYouTube
(https://youtu.be/E5kbQx_3J4c)

スキー競技には様々な種類がありますが、スキーヤーの重心移動やスキー板と雪面との接地状況といったポイントは、より好成績を目指していく上で重要なポイントとなります。ハイスピードカメラによって滑走するスキーヤーの様子や雪の状況などをチェックし、どのような重心移動やバランスの取り方が実行されているのか、スキーヤーの意識と実際の動きを比較検討することができます。

また、スキー板の形状分析などにも役立てることが可能です。

さまざまなハイスピード
カメラを
扱っている会社一覧

THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。