【BtoB向け】ハイスピードカメラ大全 『EURECAMERA〜ユリイカメラ』 > ハイスピードカメラの導入・活用事例 > 自動車業界におけるハイスピードカメラ活用・導入事例

自動車業界におけるハイスピードカメラ活用・導入事例

ハイスピードカメラは衝突実験など安全な自動車を開発するために、自動車業界でも幅広く活用されています。このページでは自動車業界におけるハイスピードカメラの活用・導入事例などを紹介するので、ハイスピードカメラを検討する際の参考にしてください。

自動車業界における撮影のポイント

ハイスピードカメラは1秒間に数百~数万枚の高速で撮影し、スローモーションで観察できる特殊カメラ装置です。そんなハイスペックなカメラだからこそ撮影を行うにあたって、ポイントを押さえていなければ思うような映像が撮影できないこともあるので注意しましょう。自動車業界でハイスピードカメラを用いるのであれば、どのような現象を撮影したいのか目的を明確にすることが大切になってきます。目的に合った機材や撮影方法を行うことで、観察したい現象が撮影できるでしょう。

ハイスピードカメラで解決できること

自動車業界において、なぜハイスピードカメラを用いるのでしょうか。それはハイスピードカメラを活用すれば、衝撃衝突の瞬間映像などを鮮明に撮影できるからです。衝撃衝突などの映像を分析することで、より安全な自動車開発にも役立てることができるでしょう。たとえばスローモーションの映像で、自動車の弱い部分を把握しやすくなり、どの部分を頑丈に設計することができます。通常のカメラでは十分に分からなかった箇所も、細かなチェックが可能です。ほかにも走行試験など様々な撮影にも対応できるでしょう。

導入・活用事例

走行試験映像

※引用元:ノビテック YouTube
(https://youtu.be/UqF3hYXEYts)

車両走行の撮影を超高解像度の4Kハイスピードカメラを活用して撮影した事例です。衝突試験・走行試験などでは車体の細部まで確認するために、複数のハイスピードカメラをして同時に撮影しています。それは1台のカメラで撮影すれば、詳細な部分をチェックする際ズームしたときに解像度が不足し、破片・変形などを詳しく確認が難しいからです。

4,096×2,160ピクセル、1,000コマ/秒のハイスピード撮影を行っているため、高解像度での撮影ができるでしょう。そのため車両全体の挙動確認や、ズームでの詳細状況も1台で確認が可能です。設置も簡単になるだけでなく、設置カメラの台数も減らせるなどのメリットがあります。

ドライバーの運転姿勢解析

※引用元:株式会社フォトロン YouTube
(https://youtu.be/4qDmaJULwq8)

カメラ1台と特殊なマーカーから運転姿勢などを分析している事例です。リアルタイムで表示・出力できる簡易モーションキャプチャシステムを活用。人間工学に基づいたデータを収集することで、自動運転の開発や官能評価の定量化などに役立つでしょう。

エアバッグ展開(3D形状と温度)

※引用元:株式会社フォトロン YouTube
(https://youtu.be/80FqiDsNqnI)

赤外線のハイスピードカメラと、複数のハイスピードカメラを組み合わせて撮影した事例です。エアバックが展開する際の形状や温度を同時に観察しており、さらに展開する際の速度や加速度、体積などの解析に活用できます。安全なエアバック開発などに用いられるでしょう。

超音波ソナーの可視化

※引用元:株式会社フォトロン YouTube
(https://youtu.be/JC77POGBjBM)

自動運転を実現させるためには欠かせないセンサーの事例です。偏向ハイスピードカメラを用いれば、センサーの超音波も可視化できるでしょう。計測が難しかった音波の広がり・指向性・センサーの上方視点・横方視点など拡がり角の違いなどを分析できます。

さまざまなハイスピード
カメラを
扱っている会社一覧

THREE SELECTION
       
活用事例から見る!
シーン別ハイスピードカメラ3選
ハイスピードカメラを選ぶ上では、必要とするスペックや機能を把握することも大切ですが、導入後のイメージを明確にするために活用事例を参考にすることがおすすめです。ここでは、ハイスピードカメラの活用事例の多い3社とおすすめ製品を紹介します。(2021年10月1日時点)

製造現場で活用するなら

シナノケンシ
シナノケンシ公式HPキャプチャ
引用元:シナノケンシ公式HP
https://plextor.jp/plexlogger/

活用事例数

製造現場:40件
研究開発:8件
特殊状況:0件

おすすめの理由

製造現場で求められる
スペックを満たし(100,000fps)
撮影・記録・解析機能が1台で叶う

研究開発での用途が多いなら

フォトロン
フォトロン公式HPキャプチャ
引用元:フォトロン公式HP
https://www.photron.co.jp/

活用事例数

製造現場:8件
研究開発:29件
特殊状況:0件

おすすめの理由

研究用に適した
撮影速度100万fps以上の
製品が多い (3製品)

特殊な状況での撮影が必要なら

ノビテック
ノビテック公式HPキャプチャ
引用元:ノビテック公式HP
https://www.nobby-tech.co.jp/

活用事例数

製造現場:12件
研究開発:28件
特殊状況:7件

おすすめの理由

防衛や宇宙関連など、
高度な技術を要する撮影にも
対応できる

※Googleで「ハイスピードカメラ」と検索して出てきた上位の28社の中から、公式HPに掲載されていた活用事例数が多い3社をピックアップしています。(2021年10月1日時点)
※活用事例の「特殊状況」とは、爆発や衝撃波などの事例を表しています。